ドライマウスの原因

テーマ:ブログ
ドライマウスの原因は、先ほど説明したストレスなどによる自律神経の乱れです。ストレスによって、自律神経のうち、交感神経が優位となると、唾液が分泌されなくなり、口が乾きます。

唾液がでないと、食べたものの臭いや体の中から発生するガスが唾液に溶けずにそのまま臭いとして、口からでてしまいます。そのため、歯を磨いているに、口が臭いという症状がでます。(歯科 プライヤー

さらに、ドライマウスが悪化すると、口の乾燥だけではなく、口内炎ができやすくなったり、虫歯や歯周病が進行して、重症化しやすくなります。

また、口が乾きやすいと、虫歯の治療をしても、唾液の働きである抗菌作用が全く機能しないので、再び虫歯になりやすくなります。(歯科根管機器
そして、唾液を分泌する細胞は加齢とともに、萎縮していくので、年齢とともに口が乾きやすくなります。

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.tenblo.jp/hanikate/trackback/28895

プロフィール

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧