歯ぎしりを放置すると

テーマ:ブログ
歯の破折
歯を強く擦りあわせるグラインディングを繰り返すと、「歯が磨り減る」「歯が折れる・欠ける」などの問題が生じることがあります。「歯根(歯の根っこ)」が割れた場合、抜歯になることもあるので注意が必要です。

かぶせ物の脱落
日常的に強い力がかかっていると、詰め物・かぶせ物を固定している接着剤(セメント)がはがれることがあります。(歯科用バイブレーター

知覚過敏
歯を擦りあわせたり、食いしばったりしていると、表面のエナメル質が削られてしまいます。結果、象牙質が露出することになります。象牙質は刺激に弱く、「熱いもの」「冷たいもの」「甘いもの」が触れたときに痛みを感じることがあります。

顎関節症
歯を噛み合わせると、顎の筋肉・骨にも負担がかかります。結果、顎が慢性的に痛んだり、ゆがんだりする恐れもあります。

噛み合わせの悪化
歯は物理的に力がかかると動く性質があります。日常的に無理な力が加わっている場合、不正歯列(悪い歯並び)の原因になる恐れがあります。

咬合性外傷
過度な歯ぎしりを続けていると、歯根膜(歯と歯槽骨をつなぐ組織)などの歯周組織が損傷することがあります。無理な力で噛み合わせたことによる損傷を「咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)」と呼んでいます。(歯科用マイクロスコープ

歯周病の悪化
歯周病は「歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)」が拡大し、内部で歯周病菌が増殖することで悪化します。歯に横方向の力が加わると、歯の根元をぐいぐい押すことになり、歯周ポケットの拡大を促進してしまいます。結果、歯周病の悪化が早まるわけです。

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.tenblo.jp/hanikate/trackback/28932

プロフィール

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧