モバイル社会シンポジウム

テーマ:地域コミュニティ
久しぶりの更新となってしまいました。

先週ですが東京の明治記念会で開催されたモバイル社会シンポジウムに行ってまいりました。


新新幹線N700です。

なんと、全席禁煙。
ま、2時間弱だったので我慢できましたけど・・・









明治14年に仮御所として建てられたとか・・・
庭もとってもきれいで、大変格式ある建物でした。

このシンポジウムにお招きいただいてなければ、きっと入る事もなかったでしょう。







東京大学名誉教授石井先生の基調講演の後、パネルディスカッションが行われました。
石井先生の講演ではスカイプやAirを実際に使用した内容で大変興味深いものでした。
1時間少々の講演でしたがあっという間に終了、機会があればぜひもう一度聞いてみたいものです。




パネルディスカッションは1部と2部の構成で上記画像は1部の様子です。

1部
セッションチェア
河井孝仁先生(東海大学文学部広報メディア学科准教授)
パネリスト
今井淑子さん(さいわい市民活動懇談会会長)
竹井斎さん(NPO法人アクト川崎理事長)
長谷川圭さん(株式会社フレーズ代表取締役)
長谷山明子(社団法人川崎地方自治研究センター事務局員)
安元順(かわさき・海の市民会議事務局長)


1部のパネルディスカッションを聞いて、各地でのいろんな取り組み事例が新鮮で刺激になりました。

長谷川さんからほかのパネリストに
「営利を求めずボランティアのコミュニティで今後の発展はあるのか」
と、発せられた質問が大変印象的でした。



さて、いよいよ2部。


言い忘れてましたが、
1部・2部のテーマは越境する地域 ヴァルネラビリティと編集 ~地域情報化戦略の新展開~

???

私の参加がきまり、後日メールでお送りいただいた上記のテーマとその解説文を見た瞬間、安易に参加決定したことを

無茶苦茶後悔

だって、何のことかさっぱりわからない・・・
場違いなこと間違いなし・・・



セッションチェア
河井孝仁先生(東海大学文学部広報メディア学科准教授)
パネリスト
ikeyan
原田博子さん(特定非営利活動法人はままつ子育てネットワークぴっぴ理事長)
三浦伸也さん(独立行政法人防災科学技術研究所客員研究員)
藤代裕之さん(NTTレゾナント、ブログ「ガ島通信」運営)
遊橋裕泰さん(モバイル研究所主任研究員)


そうそうたるメンバーの中、私はパネルディスカッションの前に20分ほど時間をいただき、事例紹介をさせていただきました。

天ぶろのことも紹介させていただきました。



それにしてもヴァルネラビリティやらリテールやらロム(だったと思います)やらパネルディスカッション中にわけのわからない言葉が続発したので大変でした。

「ロムについてはいかが思います?」


なんて質問が運悪く私のほうに飛んできたので、わかった振りをしようがどうしようか迷った挙句、ロムとは何でしょうと正直にきいたikeyan、やっぱり場違いだったでしょうね。


しかし、とてもよい経験をさせていただきました。


5月に開催予定のシンポジウムにも出てほしいと頼まれてしまったのですが、主催が東大の先生らしく、非常に迷ってます。

これ以上恥をかくのもどうかと・・・

ばれてしまいました・・・

テーマ:地域コミュニティ
昨日、今日とあまりにもバタバタしていてなかなか天ぶろにこれませんでした。

なんか、ここに来るとホッとします。
私の憩いの場所ですねニコニコ(男の子)


ところで、ここでブログを書いているのが知人にばれてしまいました。


隠しているわけではなかったのですが

「たのしんでますね~」

ですって・・・


ま、プロフィール画像で知ってる人にはすぐばれてしまうでしょうけど^^


3月6日に モバイル社会シンポジウム2008 にお招きいただいています。


HPを見ると、リテラシーやらヴァルネラビリティやら、訳のわからない単語がたくさん使われていて


正直、不安です!


場違いのような気もしますし、なんでお招きいただいたのか、不思議でなりませんが、15分ほど話すお時間をいただいたので、天ぶろのことも紹介してきますね。


ちなみにヤフーで調べると

ヴァルネラビリティ・・・ぜいじゃくせい
リテラシー・・・1 読み書き能力。2 コンピューターについての知識および利用能力。3 情報機器を利用し、膨大な情報の中から必要な情報を抜き出し、活用する能力。情報リテラシー。

だそうです。


不安です・・・

地域ブログ

テーマ:地域コミュニティ
今日は地域ブログについて私の考え方を少し。

と言っても大したものではありません。


ライブドアやアメブロ、FC2など大手のブログポータルサイト、SNSがたくさんある中で、今天ぶろなどの地域ブログ、地域SNSが非常に注目されています。


大手のブログポータルサイトと地域ブログの違いってなんでしょうね。


まず、面白いのが利用ユーザーの平均年齢が違います。

大手のサイトはやはり、10代、20代、30代のユーザーが多いのに比べ、地域ブログのユーザーは30代~60代くらいまでと幅広く、平均年齢も圧倒的に高くなっています。


次に、地域ブログは当然ながらその近隣地域に住んでいる方が主に活動されるポータルサイトになりますので、ユーザー同士の親近感が強いという特徴があります。


はっきり言うと10代、20代の青年層にとって地域ブログは面白くない。
地域ブログサイトを見るんだったら、mixiや大手ブログサイトを見た方が面白い、これが一般的な青年層だと思います。


しかし、地方に住みネットビジネスに関係ない中高年の人たちにとってはどうでしょう。

何より地元の人がたくさん利用しているという安心感、これは非常に大きいですね。

また、話題が地元中心のことだけに、記事を読んでいて面白く。

だから初心者が集まりやすい。

インターネットを使ってみたいけど、怖い、という意識は今でも確実に残っています。

この意識を脱却できるのが地域ブログではないのかと思っています。



来月、東京で開催される、とあるシンポジュウムで講演をさせていただくことになりましたが、シンポジュウムでは

青年層と中高年層の方におけるネット利用に違い

について話をさせていただこうと思っています。



青年層のネット利用は本当に幅広い。

mixiやオンラインゲーム、そのほかにもたくさん利用しているサイトがあるでしょう。

ネットでいくらでも遊び、時間を費やせるところがあるのです。


しかし、中高年層はどうでしょう。

mixiなどの若者向けSNSを利用する気にもなれないし、せいぜいニュースを見たり、興味のあるものを調べたり、ショッピングをしたりと、ヤフーと楽天があれば、用がすんでしまう方が多いのではないでしょうか。

そう、WEBサイトは若者向けのサイトが多く、年配の方は時間を使うところがあまりないのが現実です。

しかし、地域ブログ、地域SNSはまさにその中高年層向けで、その楽しさを覚えてパソコンに熱中する、そういう人も増えています。

地方のビジネスもまさにここから始まって行くのではないかと思います。



ちょっとかたい記事を書いてしまいました。

このような記事こそ、大手のサイトで書くべきなのかもしれませんね。



プロフィール

ikeyan

和歌山からの参加です。
芋焼酎を飲まぬ日はない私、そのため鹿児島にはとても親近感があります。行ったことがありませんけど^^

天ぶろに遊びに来るのが、毎日楽しみになってきました。
こんなに成長を実感できるサイトはそうないと思います。
とても良い息抜きの場になってます^^

最近の記事一覧

ブログランキング

総合ランキング
45位 / 497人中 down
ジャンルランキング
1位 / 8人中 keep
ビジネス

カレンダー

<<      2020/02      >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログバナー