1  |  2    次>    

デング熱は天狗ではない

テーマ:ブログ
デング熱は蚊による媒介で感染する。

人から人への感染はなく、代々木公園も封鎖され蚊の駆除を行っていることから、これ以上の拡大は無いと思われるが、70年も感染例がなかった病気がなぜ今になって発生したのだろうか?

8月29日15時現在、詳しい原因は不明であるが、インターネット上の一部のユーザーの間で

「天狗の仕業では?」、「天狗じゃ! 天狗の仕業じゃ!

と日本の妖怪である『天狗』が災いの原因だという説が飛び交っているのだ。




ただ単にデングとテングで名前が似ているだけなのだとは思うのだが、あまりに言っている人たちの数が多すぎる。これはもしかすると、本当に天狗の仕業なのかもしれないと思いたくなるほどの数だ。

いったい割合としてはどれぐらいの人が天狗のしわざだと思っているのか?
 調査すべく、アンケートサイト『マインドソナー』で「デング熱を天狗のしわざだと思うかどうか」のアンケート調査を開始。

すると、予想外に多くの人たちが “天狗のしわざ” と回答したのである!


あなたもテング熱って思ってたでしょ!

韓国で衝撃、“人肉カプセル”6万6000錠押収

テーマ:ブログ
韓国で、人間の死体などから作られた「人肉カプセル」が密輸され続けていることが明らかになり、
衝撃が広がっている。

各メディアの報道によると、2011年8月から今年7月までの3年間に、税関によって人肉カプセルの密輸117件が摘発され、計6万6149錠が押収されたことが、関税庁がセヌリ党の朴明在(パク・ミョンジェ)議員に提出した資料で明らかになった。摘発された人肉カプセルのほとんどは中国からのものだという。

人肉カプセルは、「滋養強壮に効く」などとされているという。だが、食品医薬品安全庁の検査では、1錠で187億の細菌が検出された例があるほか、B型肝炎ウイルスが発見されたこともあるという。

関税庁は「中国東北3省からの郵便物には特に気を使っており、疑わしい物はDNA分析をする」と水際での対策を強化する方針を示している。


人肉を食べるとは… 食人族、人間のクズ…。 人間の皮をかぶった鬼だろ、こんなマネ出来る奴…

それが韓国

マイクロソフト、アップデートに問題 - OS再起動に失敗

テーマ:ブログ
マイクロソフトは8月15日、13日に公開した月例の更新プログラムを適用すると問題が起きる可能性があることをブログで公表した。

18日(月)休み明けに職場等で立ち上がらず大パニックの恐れあるので注意!

http://blogs.technet.com/b/jpsecurity/archive/2014/08/16/2982791-knownissue3.aspx

8月の月例Windows Updateの詳細は、別記事『【レポート】マイクロソフト、月例セキュリティ更新(8月) - IEとMedia Centerで2件の「緊急」脆弱性』を参照いただくとして、トラブルの原因となる更新プログラムは、以下の2つである場合がほとんどだ。

・Windows 8 / 8.1は「KB2982791」
・Windows 7は「KB2982791」と「KB2970228」


まずWindows 8.1 Updateの場合、上記の更新プログラムを適用すると再起動を求められ、この時点での再起動は無事に完了するケースが多い。
しかし、次回の再起動(またはシャットダウン後の起動)に失敗する。
Windows 7も同様だが、より深刻なブルーバックが発生する場合もあるようだ。

もちろん、更新プログラムを適用しても問題ない環境もあるので、目立った不具合がなければそのまま使い続けてかまわない。

更新プログラムをまだ適用していないなら、ひとまず上記の更新プログラムは適用しないほうが無難だ。
近いうちに、マイクロソフトから何らかのアナウンスがあると思われる。
Windows 8.1 Update環境における、Windows Updateの設定は下図を参照のこと。

○Windows 8.1 Updateが起動しなくなったときの対処例

もっとも、大半は「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」という設定だろうから、トラブルに直面している人も多いのではないだろうか。
Windows 8.1 Update環境について、起動しない状態を直す操作の一例を挙げておく。

筆者の環境では、上記の操作でWindows 8.1 Updateが正常に起動するようになった。
問題の更新プログラム「KB2982791」は、適用前に戻っている。

システムドライブに対して「システムの復元」を有効にしているなら、上記(図4)のところで「システムの復元」を実行してもよい。
「スタートアップ修復」がうまくいかず、「システムの復元」も無効化している場合は、上記(図3)のところで「PCのリフレッシュ」か「PCを初期状態に戻す」を実行するしかないかもしれない。

本稿では未検証だが、Windowsをセーフモードで起動して「KB2982791」をアンインストールするか、特定のシステムファイルを削除または入れ替える方法もあるようだ(筆者のトラブル時はセーフモードでも起動しなかった)。
なお、Windows 7の場合は、PCの電源を入れたあとにF8キーを連打して「詳細オプションの選択」を表示させ、このメニューから「コンピューターの修復」を呼び出せる。

朝日新聞 慰安婦問題誤りあった!

テーマ:ブログ
30年以上の時を経て慰安婦報道の誤報をようやく認めた朝日新聞の姿勢に対し、永田町では与野党を問わず怒りと不満の声が上がった。

長年誤りを認めなかった影響で「慰安婦は強制連行された」という誤解は国内外に浸透。

国家、国民、先祖、子孫の名誉を著しく汚す大失態だけに、「記事の取り消し」だけで片付けられるような雰囲気ではない。




朝日新聞が5・6日に慰安婦問題に関する自社の報道を検証した特集記事を掲載したが、この問題を巡る日本での議論に対し、韓国で反発の声が強まっている。

朝日新聞は5日の記事の中で、過去の慰安婦問題報道について
「一部に事実関係の誤りがあった」と認めた。

これに対し韓国の各メディアは、朝日新聞の記事を「『慰安婦問題の本質を直視してこそ未来がある』という趣旨」(中央日報)などと肯定的に報じる一方で、誤報問題を大きく取り上げた別の日本メディアの報道を「朝日たたき」(朝鮮日報)などと問題視。

さらに、自民党の石破幹事長がこの問題を国会で検証する可能性を示したことなども伝え、「日本の一部メディアや自民党がこじつけ的な論法を展開」(朝鮮日報)「右翼メディアが朝日新聞を追い込み、保守政治家が火に油を注いでいる」(中央日報)「日本の右派言論が波状攻勢」(同)などと論評した。


中堅から若手社員が
経営陣に対してキレてると言う噂。


朝日新聞社の今回の報道は、実は経営トップなどの幹部への事前の連絡のないまま記事になったようです。

そのため、現場の編集責任者と経営陣の間で、大きな騒ぎになっています。

鹿児島県民 中国に「こんな馬鹿げた国相手にする必要ない」

テーマ:ブログ
「平和の大切さを世界に発信したい」との訴えからユネスコの記憶遺産候補に申請していた
「知覧からの手紙 知覧特攻遺書」
(申請・鹿児島県南九州市)。


「日本の視点のみ」という評価から、登録は叶わなかったが、その背景に“日本の戦意高揚を危惧した”中国の横槍が入った感は否めない。


今年2月、中国外交部の華春瑩報道官が、この申請に対して、
「日本軍国主義の侵略の歴史を美化するものであり、実質的に世界の反ファシズム戦争の成果と第二次大戦後の国際秩序に挑戦状をたたきつけるものだ」と牽制したことは記憶に新しい。


知覧の「特攻隊平和会館」には、約1万4000点の資料が収蔵されており、中でも特攻を言い渡された隊員たちが綴った遺書や絶筆は、来訪したものの心を揺さぶる力も持っている。
とは言え、今回市が申請のために選定した資料333点は、婚約者や母親に宛てた手紙や日記、わが子に宛てた手紙など、ファシズムとは無縁のものばかり。
むしろ、戦争の愚かさを訴えるに値する資料ばかりなのだが、中国にはそう写らなかったようだ。


「中国は日本のことを怖がっているんじゃないですか。
申請した以外の展示品や資料の中には、日本人の凄みを感じるものもたくさんある。こういう人たちがいて、今の私たちの暮らしがあるんだ、と多くの方が痛感します。
登録されれば、よりたくさんの人が来館する。
その結果、日本人のナショナリズムが向上することを恐れているんでしょう」(地元民)


たしかに、死に向かう直前の隊員、しかもそのほとんどが20歳前後という彼らのメッセージを見ていると、純粋に目頭が熱くなる。
戦意高揚云々ではなく、心を揺さぶられる貴重な資料なだけに、ファシズムと斬り捨てる中国の横暴な態度には腹が立つというものだ。


しかも、あろうことか中国は、南京事件と慰安婦問題を記憶遺産に申請するという厚顔無恥さ。
今なお、南京事件の真偽がクリアになっていないにもかかわらず、である。人の申請には文句を言い、自分たちは嘘でもいいから申請を通そうとする。
「国威高揚のために記憶遺産を利用しているのはあなたたちでしょう?」と、見事なまでのブーメラン。


「こんな馬鹿げた国を相手にする必要などない」。

あたかも、知覧から飛び立った先代の有志たちが、そう言っているように聞こえるのは気のせいか。
こういう時代だからこそ、今、我々が何をするべきかを考える意味も含め、ぜひ平和会館に足を運んでみてはいかがだろうか。


NEWS ポストセブン 7月30日(水)16時6分配信



ネットでの反応。

鹿児島県民、よく言った!
鹿児島県民を見直しました!
「指宿レール&バスきっぷ」で、知覧に行けるから、今度、鹿児島に行く時に訪問してみようかな。




1  |  2    次>