韓国人の精神的病「火病」の実態

テーマ:ブログ
韓国の方とお付き合いしていて、なぜか突然ブチ切れられたことはないだろうか?
私はあるある、多々。


その原因がヤフーニュースで公開されていたのでビックリ!

ネット上でも、「彼らはよくファビョる(火病る)」、「すぐにブチ切れる」とよくみられる。



韓国人サラリーマンの90.18%が
火病(鬱火病)をにかかったことがある」とした。

就職ポータルの「キャリア」は27日、サラリーマン448人を対象にアンケート調査を実施した。
この結果、「職場生活のなかで火病にかかったことはあるか」という質問に90.18%の会社員が「ある」と回答した。

火病にかかった理由のうち、1位は「上司や同僚との人間関係にともなう葛藤(63.80%)」が占めた。
また、「多すぎる業務、業務成果に対するストレス(24.89%)」「人事など考課算定に対する不利益(3.62%)」「早朝出勤および夜勤による睡眠不足(3.17%)」「解雇やリストラに対する不安感(2.71%)」などの理由が後に続いた。

「火病はどのような形態で現れるか」という質問には34.68%が「慢性疲労を病んでいる」と回答した。
また、「躁鬱症(19.02%)」「脱毛(12.30%)」「職業病(9.84%)」「呼吸困難(6.26%)」「パニック障害(4.25%)」「その他(13.65%)」が後に続いた。

「オンライン上で悩みを解消する自分だけの方法があるか」という質問には、33.92%の人が「フェイスブック、ツイッターなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)」を挙げた。
次に「オンラインコミュニティ(30.99%)」「スマートフォンのアプリケーションプログラムにコメントを残すこと(17.54%)」「ブログ(12.28%)」「社内イントラネット掲示板(2.92%)」「その他(2.34%)」等の方法で悩みを解消することが明らかになった。

一方、火病は「くやしいことにあったり恨めしいことを体験して、積もった怒りを抑えることができずに表れる身体や精神のさまざまな苦痛」を称する言葉だ。
主に胸にしこりがあるように感じ、苦しく熱がこみ上げてくるような症状が現れるため鬱火病とも呼ばれる。
米国精神医学会でも火病を1995年から「火病(hwa-byung)」と表記して認めている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150128-00000052-cnippou-kr


韓国人の遺伝子の特徴について
米人類学者Cavalii-Sforzaの遺伝子勾配データによれば、
朝鮮人は世界でも類を見ないほど均一なDNA塩基配列の持ち主であり、
これは過去において大きな Genetic Drift(少数の人間が近親相姦を重ねて今の人口動態を形成)か、
あるいは近親相姦を日常的に繰り返す文化の持ち主だった事を表します。
(文献:The Great Human Diasporas: The History of Diversity and Evolution.
1995.. Luigi Luca Cavalii-Sforza and Francesco Cavalli-Sforza. Addison Wesley Publ. ISBN 0-201-44231-0)

韓国では、昔から若くて綺麗な娘達は中国に献上されていたので、
女性が足りず近親相姦が繰り返されてきた。
遺伝子レベルで見ても「父と娘」「母と息子」が結ばれない
と出来ない遺伝子が大多数見つかっている。


英専門家「現在韓国に必要なのは“ブルドーザー”ではなく“脳手術専門医”だ」

世界中から韓国人の頭の構造は人間とかけ離れてるという見方をしております。

韓国人は韓国人のDNAは日本人のDNAが流れてると思ってるらしいですが、
日本人のDNAは存在せず韓国人のDNAが一番近い生物は「ウニ」なんですよ。

遺伝子の人間との一致率
チンパンジー 98.8%
アカゲザル 97.5%
ウニ 70%
朝鮮人 70% ←new!
メダカ 60%
ハエ 40%


皆さん、お気を付けください!