おもしろ国会民主党議員

テーマ:ブログ
国会中継がおもしろすぎる!


民主小川淳也議員
12月の忙しい時期にどうして解散したんですか?
なんでこんなに忙しい12月の時期に解散したんだ、
って有権者のみなさんに怒られました。

ボクは、ボクが解散したわけじゃないってあちこちで言って回ったんですよ総理」

安倍総理
「まず、野田総理が解散総選挙をした時も12月だと最初に申し上げます。
解散するなっていうのが未だに理解できないんですが、
解散しないということはつまり安倍政権が存続するということでございます。
国会における質問で、仮にも野党第一答の議員からこうした質問を受けまして
民主党からこんなにも熱く安倍政権の存続を熱望されるというのは、全く思いもよらぬ所です。
我々自民党は、野党に下野した瞬間から今すぐでも解散して欲しいと思っていましたので、
民主党が解散すべきでなかったと仰られる意味が全く理解できません」


何が言いたいのか、民主党小川淳也議員!
大爆笑でした!

これが民主党です、本当に有権者の方々いいんですか?。

続きまして・・・・・

民主階猛議員
「フリップ用意しました。
原油が安くなったので、原油の輸入価格が7兆円まで減りましたね?
でも、本当ならもっと日本は得をしていたはずなんです。
原油価格が今のままでドル円が100円なら1兆円得。
今後はずっと6兆円で済むんです。
ドル円100円にすればこれからずっと年間1兆浮くんですよ!
あと、安い原油を買えばいいんだから補正のエネルギー開発予算もいらなくなる」

安倍総理「・・・え? 原油価格がずっとこのままだとお思いなんですか?

民主階猛議員「本来国民は原油安で得するはずだったのに、円安のせいで損をしている。
損した分を国民に還元してあげるつもりが政府にあるなら、これです。
外為特会という所に7兆円の含み益があるんだから、
これを国民に還元すべき」

麻生副総理「ほう。7兆円分のドルを、円に換金しろと。
そう簡単な話じゃありませんが本当に分かってますか?


民主階猛議員「そんな事は分かってますよ。
本当は原油安で国民が得をしているはずだったのに、
円安のせいで損をしたんだから損をした国民に
ほんの7兆くらい還元してあげればいいって言っただけじゃないですか!



民主階猛議員、何言ってんだこいつ、経済わかってるのか?
またまた大爆笑でした、腹が痛いよ・・・


まだまだあります、お暇な方は今後の国会中継の民主党議員質問と閣僚の答弁に注目!