10月1日鹿生研常任委員会&学習会報告

テーマ:事務局より
先日行われた鹿生研常任委員による学習会の感想。
事務局長の立山先生による総括です。

10月1日(土)の常任学習会印象と感想。
「子ども集団づくり入門」第一章5節。
LD絵里子は緘黙。さとし、豊明の3人がいじめているということで聞き取りをし、
双方の問題点を指摘し、誤らせたが双方納得できず、
これをきっかけにクラスを巻き込んで荒れていく。
それを超えたものがクラスの全てを巻き込む楽しい諸活動だった。
これまで知らなかったお互いの良さが見えてきたことだ。
満足のいく学習」だった。

総括は以上です。


私も,改めて子供との向き合い方について考えさせられました。
目の前の困難は乗り越えさせたい。
でも,そこだけを見てしまうとだんだん状況が悪化することもあります。
私の経験でも,別の有意義なことでみんなが夢中になっている間に,
いつのまにか解決していたことがあったのを思い出しました。

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.tenblo.jp/kaseiken/trackback/21142

プロフィール

鹿生研事務局

 民主的な集団づくりを目指す教師の輪を広げていくため,鹿生研ブログを立ち上げました。
 鹿生研へのお問い合わせは,メールにてお知らせ下さい。
kaseiken2011@yahoo.co.jp
 後日,事務局より連絡いたします。

フリースペース

メール kaseiken2011@yahoo.co.jp

全国生活指導研究協議会へのリンクはこちら

ブログランキング

総合ランキング
122位 / 497人中 down
ジャンルランキング
3位 / 3人中 keep
学び・教育