山形屋の書き初め

テーマ:ブログ
毎年恒例、
山形屋2号館6階での書き初め大会。
小学1年~中学3年まで、毎年参加した。
私にとって、お正月の恒例行事。

会場に着き、着席すると、
『お題』 と 『清書用紙3枚』 が配られる。
その場で知らされた課題を制限時間内に完成させ、
清書用紙に仕上げる。
緊迫した慣れない雰囲気の中
一生懸命筆を走らせる。
子どもながらに、毎年めっちゃくちゃ緊張していて
制限時間がありえなく短く感じるくらいに集中していた。

書き初め大会が終わると
もらいたてのお年玉でお買い物。
新学期に向けての文房具や欲しかったおもちゃなど…
緊張からの開放感もプラスされて、最高の瞬間。

さらに、書き初めには審査があり
入賞すると約1週間後に山形屋で表彰式がある。
入賞できた喜びはもちろん
山形屋で食事をするのも楽しみだった。

いまだに、2号館6階に行くと当時の気持ちを思い出す。
今考えると、
冬休み&お正月でうわついている子どもが
当日与えられた課題を制限時間内に仕上げるってすごいなと思う。
たくさんのことを学んだ書き初め大会。
このイベントはずーっとずっと続いていってほしいですね。