しょっきんぐー

テーマ:ブログ
●TVなどにもよく取り上げられている2人の若手書家のお話

いいともにも出演していた書家の森大衛さんが、自身のブログで
書家の武田双雲さんの書を添削して話題になっているようです。

読者から添削してほしい と投稿があった作品が
実は書家の武田双雲さんが書いたものだったと…
記事は【こちら】

ブログってこわいですね。ほんとに。
今回、ネット上で堂々と武田さん批判をしてしまった森さん。
謝るどころか、とてもかっこよく開き直っておられます。

『書写的指導と、書芸術的指導の違いはキッチリわきまえるべき。』

本当にそうだと思います。

鹿児島県の書道会。
南日本書道会【書林】出身者が多いのではないでしょうか。
私も【書林】で基礎を10年間学んだからこそ、今の自分があると思っていて
【書林】にはとても感謝しています。
『書写的』ではとてもレベルが高い鹿児島の書道会。
『書芸術的』部分は…?
展覧会などの中身…
レベルは凄く高いと思います。
すごくキレイだと思います。が、自由は全く感じられません。私には。
そんなのちっとも面白くないと思います。
でも、そこで大きな賞を取っていくことがステータスで
昔からの日本の『道』がつくものの定めなのかもしれません。

団体に属していない、師匠についていない今の私。

そんな今の自分だからできること、書を通してどんどんチャレンジしていきたいし
多方面から刺激を受けたいなーと強く思っている今日このごろ。

…と、
めずらしくまじめなブログになりました。


臨・蘭亭序

コメント

  1. 同じくメガネ(◎-◎;)
    2008/11/06 00:37
    書にたいして知識も無い私です。
    夜神楽の日、拝見させていただいた書に大変感動しました。
  2. 2008/11/06 00:49
    >同じくメガネさん

    ありがとうございます。
    1番嬉しいお言葉ですね。
    やりがいを感じます。
  3. 2008/11/06 06:13
    基礎を学ぶには、まず模写からというのは書道に限らず・・だと思いますが、確かに県内の書道展などを見ていると、素人のわたしから見ても、お手本みたいな書が多いなという気がします。
    森さんのブログは、夜にでも見ますね。
    仕事に行かなくちゃ~^^
    そうそう!
    うちの職場の22歳の女の子は、100円ショップの紙製のランチョンマットに書をしたためて遊んでるみたいですよ。
  4. 2008/11/06 08:55
    10/29の日経MJに武田双雲さんのインタビューが片面使って載ってます。そこに掲載されていた「一歩」という文字がかっこ良くて、いいなぁと思っていたので、タイムリーな話題でした。
    書については、あれこれ批判なんかするもんではないと思うんですがねぇ。
  5. 2008/11/06 23:35
    LionsBlueさん>
    朝早くからコメントありがとうございます。
    いい意味でも『お手本みたいな書』が多いですね。
    100円ショップのランチョンマットですかぁ~
    参考にさせていただきます☆


    海苔ピーさん>
    私もMJ新聞拝見しました!今の私の状況と近いものを感じる部分も多々あって興味深い記事でしたね。
    確かに海苔ピーさんがおっしゃる通り、芸術なので、批判するものではないですね。でも、あの迫力のある『一歩』と今回批判されているひらがなと、同じ人が書いたとは思えないですね…。


    りこさん>

    私もずっと書の世界で組織に巻かれてきたので偉そうなことは言えないんです…。
    自分が尊敬する人をみつけたら、その色に染まり、その世界で一生懸命になるのもひとつなのかなと思っています。
    なにがいいのかはまだまだ模索中で、やっぱり、1つのものをいろんな角度から見るってとても大事なことだと実感しています。
    ブログも、そういった意味での面白さもありますよね♪
  6. 道知輝
    2008/12/26 09:29
    11月下旬に「道」・「知」・「輝」を作成していただいた者ですが、いつ取りにうかがえばよろしいでしょうか?
  7. 2009/01/01 15:49
    おめでとうございます。

    今年もよろしくお願いします。
  8. 2009/01/04 23:04
    道知輝さん>
    先日はありがとうございました。
    返信遅くなり申し訳ございません。
    12月第3土日のテント市でお会いすることができなかったので、とても気になっていました。
    1月の第3土日でよろしければ
    先日のテンパーク通りに出店しております。

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.tenblo.jp/mick/trackback/6267