「観光の目玉」黄信号

テーマ:ブログ
南九州一の繁華街「天文館」から歩いて10分余りのところに
僕の大好きなドルフィンポートがあるんです
いまさら言うまでもなく綺麗な錦江湾や
毎日何回も噴火している桜島をまじかに見れる
世界にも類がないくらいの公園なんです
が・・・
休日でさえも閑散として
夕方、犬の散歩ぐらいにしか利用されていないんです
行く度ににもったいない・・・・って思っていたら
海岸側に路面電車を走らせて観光の活性化をするという
鹿児島市の計画が進んでいるそうで喜んでいるさなか

県から「ちゃちゃ」が・・・
言うには
「公園の緑地を削らなければならない」
「南北ふ頭線は二車線の狭い道路である」
だから海の見えない一本山側に路線を変更するべき


うぅ~ん・・・だから・・・


先に書いたように
公園で遊んでいる人なんて数えられるくらいの人しかいないし
南北ふ頭線なんてほとんど車は通らないし
イベントをしても賑わいには程遠いし
海の見えないところに電車を走らす・・・
これって本末転倒なのでは

あげくのはてに
「市の計画に県がどうこういうつもりはないが市から具体的に
相談を受けたことはなく・・・・うんたらかんたら」
あんたら子供か?駄々っ子か?
いかん、つい興奮してしもうた「笑」

一連の流れから垣間見えてきたのは
「鹿児島の観光の発展に大きなポテンシャルを持つ
ウオーターフロント地区の開発について十分な意思疎通が
出来ていない県と市の関係だ」

こうはっきりと新聞紙上で断罪されていました

僕に任してくれたら
水族館までなどとケチなことせずに石橋公園経由で
磯庭園まで海岸線沿いをトロッコ電車を走らせます
そしたら世界中から観光客がわんさかわんさか(*^^)v

言っておきますけど
60万都市のすぐ近くに海に浮かんだ活火山がある
世界にも類がないんです「桜島」

生かすも殺すもあなたたちにかかっていますよ~
だから仲良く知恵を絞って頑張ってください
市も県も素直になって鹿児島のためにファイト

2013鶴の北帰行

テーマ:ブログ
三度目の正直ならぬ5,6回目の正直で・・・
念願の出水の鶴の北帰行を見ることができました
今回は気合を入れてまだ暗い朝六時に鹿児島市内を出て
八時に出水に到着・・・

九時まで待って210円払ってツル観察センターの中へ
幸い、鶴の北帰行マニアの方がいらっしゃって

色んな話を聞かせていただいたり望遠鏡で見せてもらったり
本当にありがとうございました「この場を借りて」
すると、まな鶴さんたちが首を伸ばして空を見上げ始めました
これは鶴さんが「飛ぶ気満々」の時のしぐさなんだそうです
すると
10羽ほどのグループで上昇気流を捕まえながら
次から次にどんどん北帰行を始めました
「気を付けて帰ってね~秋には元気に戻ってきてね~」

もっと感動を味わおうと急いで北帰行観察の名所「行人岳」へ
着くや否や皆さんが上空を見上げていました
15羽ほどのまな鶴さんたちが朝鮮半島へ向かってすいすい
鶴の飛ぶ姿は感動的に綺麗です
五分ほどしてまた、次のグループが・・・
結局行人岳では二組しか見れませんでしたが
この日は678羽が帰って行ったみたいです

小さすぎて見えませんが左下にうっすらと「笑」

梅の咲き始めるころに北帰行が始まり
桜の咲き始めるころに北帰行が終わる

日本的美学を持った出水の鶴さんたちの北帰行=感動です

帰りに寄った藤川天神の梅はまだつぼみだったけど
近くの民家の庭に咲いていた綺麗な「しだれ梅」

つくづく日本人でよかったと再認識した一日でした。

 

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2013/02      >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2

ブログランキング

総合ランキング
5位 / 498人中 keep
ジャンルランキング
2位 / 10人中 keep
音楽

フリースペース

HTMLページへのリンク

ブログバナー

プロフィール

イマジン君

2010年7月31日をもって
IMAGINEは閉店いたしました
27年4カ月もの間
ありがとうございました

IMAGINEは
南国鹿児島の天文館にあった
BEATLESを始めROCKから
JAZZまで聴きながら気軽に
呑めるmusicBARでした
音楽は最高の
コミュニケ―ションですね

最近のトラックバック