1  |  2  |  3  |  4    次>    

刀剣山&大隈広域公園キャンプ場&甫与志岳(後編)

テーマ:トレッキング
撤収を終えキャンプ場を後にします。
向かうのは甫与志岳、キャンプ場から車で数十分程度。

甫与志岳→大隈半島、肝属山系の最高峰、標高966.9m。

二股川キャンプ場の向かいに、登山口へと続く甫与志林道入り口があります。
林道に入り2.5kmほど進むと清純ノ滝入り口がありました。
車を停め、滝を見にゆきます。

歩いて数分で到着、なかなかの迫力。

林道に戻りさらに1kmほど進むと登山口に到着。

写真では分かり辛いのですが、【甫与志岳へ→】と書いてある標識の余白部分に、
黒マジックで以下の様に書いてありました。
「7合目付近、スズメバチ注意」
よーし、登るぞー!な気分が一転、戦慄が走ります。
スズメハチに刺される妄想に怯えながら、粛々と登り始めます。

登りはじめはうっそうとした細い山道、沢を渡ったりもありで楽しいです。

スズメバチの恐怖も忘れかけた頃、失禁モノの張り紙が…。

耳元にブンブンブンと、幻聴すら聞こえてきそうです。
息を殺して登り進んでみたのですが、目視できる範囲内には巣もハチも見当たらず、
危険と思われるゾーンを通過することができました^^

ハチの恐怖もクリアし、気分は軽いのですが、
8合目から頂上の間はなかなか急な道で足取りは重くなります。

頂上直下、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)が祀られた祠。
この巨岩を鎖伝いに登ると山頂に到着。

天候はド曇り、どの方角も展望は利かず、勢い良くガスってました。

岩で出来た広々とした頂上、

晴れていたら気持ちの良さそうなとこでした。

おにぎりイッコ食べて下山。

頂上付近の道はたっぷりと水を含んでよく滑る泥状態。
屈辱の尻もちを数回経験いたしました(照)

往復2時間程、楽しいコースでした^^

下山後は車で垂水港へ向かいます。。

フェリーに乗り込みフェリー名物うどんでは無くあえてのお蕎麦を。

んで、無事帰宅。
一泊二日、充実の大隈トレッキング&キャンプでした^^

刀剣山&大隈広域公園キャンプ場&甫与志岳(前編)

テーマ:トレッキング
先週末、3-4日にかけて、
刀剣山登って大隈広域公園キャンプ場でキャンプして甫与志岳登ってきました。

まずは刀剣山から。

刀剣山▼
鹿児島県大隈半島、高隈山系に位置し、
二つのピーク(第一刀剣山(635m)と第二刀剣山(660m))を持つ花崗岩の岩峰。
地図はこの辺▼

鹿児島市からフェリーに乗って大隈半島に渡ります。

晴れていたので桜島が綺麗に見えました。

垂水港に着いたら猿ヶ城キャンプ場に向かって車を走らせます。
車で十数分、猿ヶ城キャンプ場駐車場に車を停め、
登山口へと続く遊歩道に入ります。
キャンプ場はシーズンオフのため閉まっていましたが出入りは自由。


遊歩道を少し歩くとすぐにますヶ淵に着きます。

大変綺麗に澄んだ川でした。

コレを渡り登山道に入ります。
登り始めは杉が生い茂るやや傾斜のある登山道。

土嚢や丸太階段で綺麗に整備されていました。

登山ルート前半には第一から第六までの休憩所が配されおり、

第五休憩所からはこれから目指す山頂が窺えます。

第六休憩所を過ぎると、沢や露岩を登り進む険しいコースに。


噂に聞く10mハシゴ、ドキドキです。

さらに続く、沢と言うか滝と言うかの左岸右岸を渡り歩きます。


で、今度は5mのハシゴを登りーの、

ロープ伝いに岩場を渡りーの、

やっとこさ稜線に出ると分岐に辿り着きます。
←左へ行くと第一刀剣山展望所、右へ行くと第二刀剣山→
まずは左へ、展望所を目指します。

そこそこな展望が望める第一刀剣山展望所を確認し分岐へ戻り、
第二刀剣山へ向かう途中に第一刀剣山のピーク発見。

地味です、撮影だけ済まし足早に第二刀剣山の山頂を目指します。

登り下りを経て、やっとこさゴールである第二刀剣山山頂に到達。

(ふざけてます)
第二刀剣山の山頂は標柱も何も無く、剥き出しのドデカい花崗岩。
晴天だったこともあり展望は非常に良く、高隈山系の山々が見えます。

んで、お待ちかねの山頂カップラ。

やっとお目見えしてくれた春のお日様のもと、
岩山の上で絶好の景色を眺めながらの日清カップヌードル醤油味、激ウマ過ぎでした。

しばし山頂を楽しんだ後、下山、往路を戻ります。
往復で5時間弱、
急登や沢、ハシゴ、岩、表情豊かな登山コースを思い切り楽しめるおもしろお山でした^^
険しいコースながらも案内板やロープ、休憩所などがきちんと整備されているのも助かりました^^

下山後は大隈広域公園キャンプ場へ。

つづく。

八瀬尾の滝&オートキャンプ森のかわなべ(前編)

テーマ:トレッキング
先週11-12日、滝見てキャンプしてきました。

まずはキャンプ場すぐ近くにある滝スポット、八瀬尾の滝へ

因みにこんな▼滝です。


道路脇にある駐車スペースに車を停めると目の前には第一と第二の滝。

横っちょにある鳥居から山道に入り、第八の滝を目指します。
三から七までの滝はどこにあるかよく分かりません(汗)

鳥居をくぐると、石段や丸太階段の急な登りとなります。


第八の滝まで、時間にしたら10分程度なのですが、
急な登りや険しい山道がありなかなかのアドベンチャーコースです。

写真奥▼第八の滝が見えてきました。

行く手を遮る倒木を避け、出来るだけ滝に近づきます。

んー、なかなかの瀑っぷり。
前日まで天気が悪く雨や雪が降っていたので、なかなかの水量です。

ビシャビシャのしぶきを浴びつつおにぎりを食べてしばし滝を鑑賞。

ひとしきり滝を満喫したら、滑らないように気を付けつつ来た道を戻ります。


トータル30分程度のトレッキングでしたが、
前回見に行った時よりも水量が多くて迫力があり愉しめました^^

んで、車に戻りキャンプ場へ向かいます。

つづく。

三重嶽&比志島の滝(後編)

テーマ:トレッキング
三重嶽トレッキングを終え、
自然遊歩道の入り口に戻ったら車ですぐ近くの比志島の滝へ向かいます。

比志島の滝▼
高さ約17m、鹿児島市内で一番の高さ。

国道から脇道に入り林道脇に車を停め、歩きます。

左手には、甲突川の支流である比志島川が流れます。

15分程歩くとそこには…、

ビッシャビシャの滝が現れます、コレが比志島の滝。
なかなかの壮観^^気持ちいぃ~♪
オプションで虹が付いてきました、ラッキー。

もっと近づきたかったのですが、
岩場が苔でツルッツル滑るし、滝壺付近まで川を渡るには足場となる岩が少なく断念^^;
飛び込み覚悟で夏にでもまた挑戦しようかしら(笑)

ひとしきり滝を堪能して来た道を戻ります。
戻る頃には苔むした岩に西日が差し掛かり綺麗でした。


当日、友人のオススメで向かった比志島の滝。
まったくのノーリサーチだったのですが、目の前にするとテンションが上がりました^^
ハイキング気分で行けるなかなかのグッドスポットでした。

近場でぶらりアウトドアな、ナイスな土曜日を過ごす事が出来ました^^

三重嶽&比志島の滝

テーマ:トレッキング
昨日、三重嶽登ってその近くにある比志島の滝を見てきました。

友人カップルの車に拾ってもらってまずは三重嶽へ。

鹿児島市皆与志町にある標高486.4mの小さなお山です。

山頂近くまで車でも登れるのですが、
今回は自然遊歩道からスタートしてたっぷり歩いてみました。

なだらかな坂道をテクテク登ります。

道路は舗装されていて散歩気分、登るにつれて徐々に傾斜がきつくなります。

4-50分ほど歩くと登山口に到着。

脇には小さなキャンプ広場があり、
ちびっこ達と引率の先生方が楽しそうにピクニックしてました^^

ここから20分ほどで山頂と聞いていたので、軽い気持ちでいざスタート。

なだらかな登りやすい山道を登ります。

登りはじめの軽い気持ちのままアっと言う間に山頂到着。

山頂は草地になっており展望も良好♪
風もなく穏やかな晴天、気持ちが良いです。

桜島や開聞岳、金峰山が望めました。

んで、お決まりの山頂カップラ。

がっつきます。

山頂を愉しんだら下山。
下山途中、先ほどのちびっこ達とすれ違いました。
列になったちびっこ達が次々とあいさつを交わしてくれ、心が和みます^^

遊歩道から登ったので往復で2時間半。
上から下まで山を楽しんだ感が味わえる良いお山コースでした^^

つづく。
1  |  2  |  3  |  4    次>    

プロフィール

なおさく

1977年生まれ、♂。
主に嫁と、たまにオモシロdogも連れてキャンプやトレッキングを楽しんでます。

カレンダー

<<      2020/04      >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

フリースペース


イカしたお兄様です

ブログランキング

最近のトラックバック

ブログバナー