1  |  2  |  3  |  4    次>    

地産地消【geek&hexe room】

テーマ:ブログ
以前にもブログで書いたりしておりましたが…「geek」(ギーク)ろいう名で、ハンドメイドのアイテムを作っています。

今は、リメイクやプリントTシャツが多いのですが、パターンから作り、生地を買い付け、縫製するオリジナルのブランドとして、少しずつ広げていく予定です。

under's high vol.9、鹿児島共生論でも書いておりましたが、より深く「地産地消」を考えたいのです。

農業の「地産地消」のように、多くの文化や物を地元で生産し、消費、そして外へと向けていく…

手始めにというか、自分の本業は洋服店なので、その中で出来る事として自分たちで服を作り、販売する事を始める事も1つの地産地消として考え、実験的に進めていきます。

また、アンダーズ・ハイのデザイナー「juntoki」もshop「ヘキセ ルーム」にて、自分でデザインし、1点1点製作したものを販売しています。(ギークにもデザインを提供してもらっています。)

それぞれの個性、やり方で、「made in satuma」を試みていきたいと思います。

良かったらご覧になってみてください。

【hexe room】 

【geek】(ブランドカテゴリー「geek」をクリック) 






阿修羅展。

テーマ:ブログ



先日、東京へ出張に行っていたのですが、その合間に東京国立博物館にて行われていた「阿修羅展」を見てきました。

【阿修羅展】
奈良・興福寺の中金堂再建事業の一環として計画されたこの展覧会では、天平伽藍(てんぴょうがらん)の復興を目指す興福寺の貴重な文化財の中から、阿修羅像(あしゅらぞう)をはじめとする八部衆像(国宝)、十大弟子像(国宝)、中金堂基壇から発見された1400点をこえる鎮壇具(国宝)や、再建される中金堂に安置される薬王・薬上菩薩立像(重要文化財)、四天王立像(重要文化財)など、約70件を展示いたします。特に、八部衆像(8体)と十大弟子像(現存6体)の全14体が揃って寺外で公開されるのは、史上初めてのことです。


特に、通常の興福寺の展示では見る事の出来ない360度の阿修羅像…どの角度から見ても本当に美しく…1300年の時を経て尚、優美な姿に感動いたしました。

また、会場である平成館に至るまでの道のり…東京上野にある国立博物館の広大な敷地、自然と文化が一体化し、歩いていて気持ちの安らぐ空間となっていました。

訪れている人たちも本当に多く、文化が身近にあることも感じさせます。
(ちなみに阿修羅展は朝、1番に行ったのですが、40分待ちでした)


鹿児島でも街中近くに多くの史跡や美術館、黎明館とあり、テンパークといった大きな公園もあります。

勿論、東京国立博物館にはスケール、催し物など比べ物にはならないかもしれませんが…様々な施設をリンクし、空間をデザインしていく事で1つの大きな文化圏を作り出す事が可能なのだと思います。

今回のアンダーズ・ハイでの「ランドスケープレポート」で保氏が書いているように「人と文化を繋ぐ架け橋」を作り出していく事がこれからの鹿児島にとって大切な事なのだと、公園を歩きながら改めて感じたのでした…



under's high vol.9配布状況。

テーマ:ブログ
under's high vol.9 一部の配布を除いて、ほぼ配置し終わり、現在こちらの方にほとんど在庫が無い状態となっております。

現在、色々なお店さんに置いてある分が無くなりますと、追加での配置がございませんので、もしご興味あられる方は、お早めに取って頂けると幸いです。

(ヴィレッジ・ヴァンガードキャパルボ店、ツタヤ甲南店、コムオシェルは多めに置かせてもらっているので、入手しやすいかと思います。)

もっと部数を増やしたいのですが、現段階では、3000部が精一杯で… 数が少なくご迷惑お掛けいたしますが、どうかよろしくお願いいたします。

劇団黒テント「玉手箱」

テーマ:ブログ



under's high vol.9にて、インタビューさせてもらった劇団「黒テント」のブログでアンダーズ・ハイが紹介されました。

良かったら見てみて下さい。http://blogs.yahoo.co.jp/tamatebakobtt/1047128.html 【玉手箱の中】(under's high)

黒テント鹿児島公演「玉手箱」も7月に迫ってきています。チラシもノーズグラスに置いてあります。興味ある方はお気軽に持って帰ってください。

黒テントの生々しく、どこかアングラな舞台…皆様も是非、ご覧になってみて下さい!


【公演情報】

 黒テント鹿児島公演
「新装大回転玉手箱」

会場:大谷会館
住所:鹿児島県鹿児島市新町2-13
公演日時:7月19日(日)開場18:00 開演18:30
チケット料金:一般・前売り 3,500円/一般・当日 4,000円/学生 2,500円(前売り・当日共に)

チケットお問合わせ
船倉 090-9723-6807
森  090-5725-6659(昼間)
   099-227-1626(夜間・コーナー・ポケット)

※会場には駐車場はございません。公共の交通機関をご利用下さい




「新装大回転玉手箱」

坂口瑞穂の代表作「金玉ムスメ」「テッポー玉」と並び、「玉」三部作として、書き下ろされた実在した伝説のストリッパー「一条さゆり」(初代)の壮絶な人生をモデルにした作品。

【story】

セーラ・望月という名の伝説のストリッパーがいた。彼女の本気の演技は、多くの人々を魅了するも「公然猥褻罪」で逮捕され、服役後は誰からも相手にされず、孤独な生活を送り、最後にはホームレス同然の姿で公園のトイレで目撃される。
その情報を聞きつけた彼女との深い因縁を持つ1人のある女が、そこまでに至った彼女の道程を追う。

はじめは自分の父親を奪ったセーラ・望月に対して恨みをぶつかたいが為に足取りを追っていくが、彼女が関わった多くの人たちに会っていくうちに社会的イメージで作られた彼女と本来の姿との剥離に気付いていく。そして…… 

【黒テント】

1968年に、「自由劇場」、「六月劇場」、「発見の会」の三劇場の連合組織である「演劇センター68」として発足。70年には全国移動の公演の旅を開始。その後、名称を「黒テント」と改める。シンボルとなった真っ黒なテントは今はないが、劇場にとらわれず日本各地から海外まで様々な場所で現在も精力的な活動を続ける、東京を拠点とした劇団。

under's high vol.9 発行ご協力店のご紹介【NOSE GLASS】

テーマ:ブログ
under's high vol,9発行にご協力いただいたお店の紹介です。

【NOSE GLASS】



パンク、モッズなどロンドンストリートカルチャー、カオティックなモードスタイルなど提案いたします。

【NOSE GLASS 入荷情報】(ノーズグラス入荷情報)

【NOSE GLASS onlineshop】 (ノーズグラスonlineshop) 

〔取り扱いブランド〕
●JULIUS(ユリウス)
●DIET BUCHER SLIM SKIN(ダイエットブッチャースリムスキン)
●OR GLORY(オア・グローリー)
●666
●museum neu(ミュージアム・ニュー)
●thee old circus(ジ・オールド・サーカス)
●MOTEL(モーテル)
●LAMBRETTA(ランブレッタ)
●NEVER TRUST(ネバートラスト)
●LONSDALE(ロンズデール)etc…

鹿児島市照国町15-19 1F。11:30~20:00.
tel 099-224-8106

【NOSE GLASS】 (map) 
1  |  2  |  3  |  4    次>    

フリースペース

LINK SITE (店名をクリックするとHPが開きます。)

【crack floor】(クラックフロアHP・wear&zakka) 


【hexe room】(ヘキセ・ルームonlineshop/wear&zakka) 
         (ヘキセ・ブログ) 

【 recife 】(レシフェ・drink&food&music) 

【drift wood】(ドリフトウッド・outdoor shop) 

【slime】(スライム・hair&make,nail) 

【藤 宝石】(blog/original・jewelry) 

【japonica7】(ジャポニカセブン・古家具再生・制作) 
        (ジャポニカセブン/ブログ) 

【NOSE GLASS】
(ノーズグラスonlineshop・wear&zakka) 
(入荷情報) 

【天ぶろ】
(街と暮らしをつなぐブログポータル) 


【titibisco】
(チチビスコ/cafe) 

【sonviola】
(サンビオラ/cafe) 

【aoba】
(cafe アオバ) 

【kinenbi】
(キネンビ&nest coffeeHP) 

【jk planet】
(jk planet HP・jewelry) 

【rhythm】
(リズム・hand crafted leather) 

【swung】
(スワング・木製の家具と雑貨) 

【azul glass】
(アズールグラス・glass accessory&work shop) 

【松下写真事務所】
(MATSUSHITA photograph office) 

【ロスフィー(ランドスケープ)】
(ロスフィーのブログ) 

最近の記事一覧

記事テーマ一覧

カレンダー

<<      2009/05      >>
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

ブログランキング

総合ランキング
10位 / 501人中 keep
ジャンルランキング
1位 / 3人中 keep
学び・教育

ブログバナー

プロフィール

under’s high.

鹿児島の人や歴史、文化を独自の視点で切り取っていくフリーペーパー「アンダーズ・ハイ」

6ヶ月に1度の季刊発行となります。次号(vol.22)は、2013年11月2日(土曜日)発刊予定となっております。

【under's high】
●juntoki (グラフィック・デザイン)
●マツシタ・ミズキ(フォトグラフィック・営業)
●ケンタロウ(編集・ライター)
●チャビン(編集・ライター)

ホームページ

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧