1  |  2    次>    

画楽舎09.

テーマ:ブログ
いつもアンダーズ・ハイで、対談していただいている鹿児島大学、井原先生のゼミが共催している「画楽舎展09」。

錦江高原ホテル全館を舞台に、7月4日(土)~8月31日(日)まで行われます。



イベントの詳細はこちら↓

2008年4月に結成し、「画楽舎展08」「ドローイング100枚展」の主催企画展で鹿児島アートシーンにおいて平面作品をベースに実験的な試みを続ける若手クリエイターグループ「画楽舎(ga-raku-sha)」の2009年夏に仕掛ける展示イベントは錦江高原ホテルをギャラリー会場とする大規模なもの。

この機会にぜひ鹿児島全域を見渡すことのできる風車のある丘からの絶景を体験してもらいたい。アート鑑賞の後は、割引も行う温泉に浸かってゆっくりとしてみよう。子供からお年寄りまで皆が満足してもらえるアートイベントになります。


<開催概要>
◎ホテル全体をギャラリーに
通常のギャラリースペースだけでなく、それ以外の通路や屋外でも作品を展示

◎共通テーマで制作を行ったパネル作品を展示
メインスペースには共通テーマ「鹿児島」による1人1作品の新作パネルを展示。

◎パンフレット(マップ)配布
ホテルの展示会場の案内や出展作家の紹介を兼ねたパンフレットを無料配布いたします。

◎あっちにもこっちにもペイントします
ホテルの展望台やバスにもペイント。温泉の「のれん」まで画楽舎色に。

◎グッズもいろいろ
ポストカードなどに加え、「2010年度カレンダー」「手ぬぐい」「ブックカバー」も用意。
作品も購入可能。一部オークションも実施。

◎期間中のイベントも様々に用意
鹿児島大学法文学部井原ゼミの学生および井原准教授の企画によりギャラリーコンサートやワークショップ、カフェスペースのプロデュースを予定。

◎子供さんにも楽しめる「ぬり絵」コーナーも常設
画楽舎の作品のぬり絵を用意。自由に塗って楽しもう。

<会期中イベント>
◎ギャラリーコンサート(入場無料)
「絵をかくよ」by mami
8月9日(日)①15:00~②18:00~
web:http://www11.plala.or.jp/goodsound/Mami/pc/index.html

◎公開制作
画楽舎メンバーがお客様の前で壁画などの公開制作を実施。生で制作が見れるチャンス。
(日程については後日発表)

◎ワークショップ
画楽舎メンバーと一緒に人形や缶バッヂを作ってみませんか?

などなど、様々なアートに触れ、楽しめると思います。

お時間ありましたら、是非、遊びに行ってみて下さい。

http://garakusha.potika.net/ 〔画楽舎ブログ〕

<お問い合わせ>
錦江高原ホテル
〒891-0144 鹿児島県鹿児島市下福元町3273
Tel:099-262-2111
http://www.kinkoh.co.jp/onsen/index.html
お越しの際は高速道路が便利です。
指宿スカイライン鈴山ICから約1分。
鹿児島中央駅からシャトルバス運行(上記電話番号にて要予約)







under's high meeting.

テーマ:ブログ
先日は、アンダーズ・ハイ vol.10に向けてのミーティングを行いました。

以前も書いたように次号は、松下くんとjuntokiの2人のディレクション… 写真、デザインは勿論、記事内容もそれぞれが決めて作っていくので、僕もどういった形でどんな内容なのか知らなかったのですが、それぞれ色々な試みや構成を考えてて僕自身、読者的な感覚でとても楽しみです!

明確ではないもののテーマ「カルチャー」。元々、形の無いおぼろげなるものをそれぞれの感性、解釈で描くvol.10… かなり良いものになる気が致します。

これから、しばらくは取材ラッシュ。忙しくなりそうです。

juntoki-live Collage

テーマ:ブログ



under's high グラフィックの「juntoki」が夜の天文館でLive Collageを行っております。

19日、20日、21日と夜10時過ぎくらいから、abcマートさん近くでやっています。

もし、通りかけたら、見ていって下さい。気軽にお声かけて下さると幸いです!

外でライブペイントやコラージュするとまたいつもと違うのが出来上がるという事で、juntokiも楽しんでいます。

そうした話をする嬉しそうにする顔を見ていると、本当に作るのが好きなんだなぁと感じます。

皆さんもそんなjuntokiの表情を見てみて下さい。





Dolomites:2.

テーマ:ブログ


先日、お知らせしたアンダーズ・ハイ「juntoki」もライブペイントで参加するイベント「Pororock presents Dolomites in Kagoshima “海の日スペシャル”」のポスターが来ました。

色合い、雰囲気とてもいい感じです。

前回、あまり書いていなかった出演者の詳細も記載いたします。

7/19[SUN・海の日前夜] at Botanica start 21:30 1000円[1DRINK付]
→  Live:Dolomites 
Dj:Abe・Tomingo・Stefanko LivePainting:juntoki  and more

7/20[MON・海の日] at Bar Mojo start 19:00 1500円[1DRINK付]
→ Live:Dolomites・太鼓屋音吉・稲三会 宇都綾香
Special Guest:コウサカワタル


●Dolomites:(ドロマイツ)

STEFANKO IANCU(ステファンコ イァンク)を中心に東京を拠点に活動するバンド。
ルーマニア人の父と日本人の母の間にイギリスで生まれ、幼少時代を世界各国で過ごす。
ジプシー音楽を始めとする世界中の民族音楽から多彩な影響を受け、アコーディオンを操り
独自のスタイルを確立する。
2003~2005年、ニューヨークで3年間アコーディオン奏者として活躍。
バルカンビートボックス(ジプシーエレクトロ)、イェルバブエナ(ラテンヒップホップ)、
ゴーゴルボーデロ(ジプシーパンク)など多数のバントと共演。またヨーロッパ、アメリカ、
インドネシア、ルーマニアなど、100回を超える様々なフェスティバルに出演。

オフィシャルサイト http://www.dolomitesmuzik.com/
マイスペースサイト http://www.myspace.com/thedolomitesoriginal

●コウサカワタル:
サロード、三線演奏者
日本各地、台湾、ロンドン、ベルリンのカフェや美術館、
フェスティバルやプラネタリウム等、魅力的なヴェニューでの演奏多数。
幼少の津軽三味線の生音体験やゲームミュージックの影響から、三線やサロード
といった伝統楽器と、エフェクターやMacbookとの独特なフュージョンを生み出す。
イギリスBBCでは『最も革新的な三線奏者の一人』と紹介され、ポニーキャニオン、
ビームスレコーズやDEMON MUSIC(London)への楽曲提供など多数。
ロンドンではELEFESTやresonance fmの1時間生番組に出演し世界各地の楽器と
テクノロジーを使った沖縄音楽を発信。
楽器自体の構造から最も適した奏法を読み取り、オリジナル曲を紬ぎ出す。

マイスペースサイト http://www.myspace.com/watarukousaka

●稲三会:宇都綾香

稲三会:沖縄県名護市に1980年頃に沖縄民謡前川流 稲嶺盛福氏により結成。
「民謡」「琉舞」「余興」の3つをコンセプトに名付けられたのが「稲三会」本来の名前、現在は稲嶺・三線・愛好会略して「稲三会」として沖縄・愛知・鹿児島で活動展開中。

宇都綾香ホームページhttp://inasanayaya.chesuto.jp/

稲三会ホームページhttp://inasankai.jimdo.com/

その他、多くのアーティストが参加いたします。

19日、29日と2日あるので、是非、遊びにいってみて下さい。

問い合わせ flammacabaret@gmall.com




the bawdies.

テーマ:ブログ


先日、SRホールで、ライブがあったバンド「BAWDIES」(ボウディーズ)

既にかなり有名なのでご存知の方も多いかもしれないのですが、前から周りの友達とかも凄くいいって言ってて気になっていて、やっと最近、聴くことが出来ました。

…メチャクチャ、カッコいいです。ブリテッシュ的、モッズ的なスタイル、雰囲気もたまりません。

最初、アルバムジャケットを見た時には、そのスタイリッシュなモダンさからポップな音なのかな?と、思ったのですが、骨太のサウンド、ブラックシンガーを彷彿とさせる渋いヴォーカル、どこか昔を想像させつつ、新しい音… 人気出るはずです。日本人離れした音と感性にやられます。

先日書いた「MYWAY MYLOVE」もですが、ホントに世界へ進出するような…日本という枠を超えたバンドが増えてきている気が致します。
音楽はまだまだ面白い。under's high vol.10で、SRスタジオの加藤さんもコラムで書いていましたが、ネットで聴けたりも出来る今、もっとも音楽が多く聴かれている時代なのかもしれません。

そして、その中から新しい感性や個性を持ち、国や人種の壁を越えて音楽が広がっていく可能性を持つバンドが増えて、そこからまたシーンが出来ていく… 

やっぱり音楽って…面白いです。

【BAWDIES】
小学校からの同級生のROY、JIM、MARCYと高校からの同級生、TAXMANによって2004年1月1日に結成。メンバーが敬愛するリトル・リチャード、レイ・チャールズに代表されるリズム&ブルース、ロックンロールをルーツとして、唯一無二の圧倒的なボーカルを武器に、ロックンロールの本来持つピュアな魅力&エネルギーをストレートに伝える楽曲&ライブが各地で噂を呼んでいる注目のバンド。

【BAWDIES・EMOTION POTION(you tube)】

【BAWDIES・HP】
1  |  2    次>    

フリースペース

LINK SITE (店名をクリックするとHPが開きます。)

【crack floor】(クラックフロアHP・wear&zakka) 


【hexe room】(ヘキセ・ルームonlineshop/wear&zakka) 
         (ヘキセ・ブログ) 

【 recife 】(レシフェ・drink&food&music) 

【drift wood】(ドリフトウッド・outdoor shop) 

【slime】(スライム・hair&make,nail) 

【藤 宝石】(blog/original・jewelry) 

【japonica7】(ジャポニカセブン・古家具再生・制作) 
        (ジャポニカセブン/ブログ) 

【NOSE GLASS】
(ノーズグラスonlineshop・wear&zakka) 
(入荷情報) 

【天ぶろ】
(街と暮らしをつなぐブログポータル) 


【titibisco】
(チチビスコ/cafe) 

【sonviola】
(サンビオラ/cafe) 

【aoba】
(cafe アオバ) 

【kinenbi】
(キネンビ&nest coffeeHP) 

【jk planet】
(jk planet HP・jewelry) 

【rhythm】
(リズム・hand crafted leather) 

【swung】
(スワング・木製の家具と雑貨) 

【azul glass】
(アズールグラス・glass accessory&work shop) 

【松下写真事務所】
(MATSUSHITA photograph office) 

【ロスフィー(ランドスケープ)】
(ロスフィーのブログ) 

最近の記事一覧

記事テーマ一覧

カレンダー

<<      2009/06      >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

ブログランキング

総合ランキング
9位 / 501人中 keep
ジャンルランキング
1位 / 3人中 keep
学び・教育

ブログバナー

プロフィール

under’s high.

鹿児島の人や歴史、文化を独自の視点で切り取っていくフリーペーパー「アンダーズ・ハイ」

6ヶ月に1度の季刊発行となります。次号(vol.22)は、2013年11月2日(土曜日)発刊予定となっております。

【under's high】
●juntoki (グラフィック・デザイン)
●マツシタ・ミズキ(フォトグラフィック・営業)
●ケンタロウ(編集・ライター)
●チャビン(編集・ライター)

ホームページ

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧