1  |  2    次>    

アーカイブ【under's high vol.16 コラム・地球の塩】

テーマ:archive
under's high vol.16 アーカイブ。



「地球の塩」

たまにはパーッといきたいもんですな。
米に塩をかけて食う。麺に塩をかけて食う。
栄養の偏りは、起承転結の障害になります。
例えばいきなり思う。ケインズとか実はデタラメじゃないのか。
別にいいんだけど。経済とか苦手ですし。
もがく。あがく。半額。庶民の営み。
日々、最善手を。
気合いを入れて祭りに取り組む。または生活に取り組む。
労働と消費。より善き選択を。
米に「突破口」をかけて食う。麺に「起爆剤」をかけて食う。
栄養の偏りは、疑心暗鬼を促進します。
もやもやするのはアルコールのせいじゃない。いらいらするのは歳のせいじゃない。
日々、不安。
落ちているのは間違いない。でも急降下というほどじゃない。きりもみとかもしていない。
ゆるやかな落下。無重力状態の不安。
落ち着くためには何かが要る。上下左右、どこでもいいからGをかける。
日々、最善手。仮にそれが安定剤にしかならないとしても。
上下左右、どっちにかかってるか、それさえ把握していれば。
物理も苦手ですけどね。
時間はあるぜ。明るい未来はしばらく来ない。
焼酎でも飲みますか。つまみは塩だけどな。
パーッといきてえなあ。

text by 森 智(ジャズバー「コーナーポケット」店主。

アーカイブ【under's high vol.16 DOBERMAN live】

テーマ:archive
under's high vol.16 アーカイブ。



3/19(sat)at caparvo hall.にて行われた「ドーベルマン」ライブ告知ページです。

※こちらのイベントは既に終了しております。

youtubeでも映像が見れるので、参考までにご覧になってみて下さい。↓

【DOBERMAN- leap for joy (youtube)

DOBERMAN-朱い太陽(you tube)

DOBERMAN - LIVE映像(DOBERMAN Presents ASIAN ROCK BUS 2008) (youtube)


【DOBERMAN】1998年 ノストラダムスの予言に怯える世紀末。運命に引き寄せられた
九人の男が酔った勢いでDOBERMANを結成。2TONE/NEOSKAを喰い散らかし、
独特の感性と幅広い音楽性でオーサカのアンダーグランドシーンから頭角を現す。
ルーツミュージックを尊重しながらも既成の概念を打ち壊す姿勢と、
圧倒的なライブパフォーマンスによる現在進行形のSKA MUZICは海外からも高い評価を受け、
スペシャルズ、バッドマナーズ、バスターズらNEO SKA GIANTSとの共演も果たしてきた。
国内に止まらず、ヨーロッパツアー・韓国のRock Festivalへの出演など、
精力的に活動場所を開拓しながらも、
JAPANESE NEOSKAを先導すべき今尚も掻き鳴らし続けている。

※オフィシャルホームページ・プロフィールより転載。


【DOBERMAN HP】

アーカイブ【under's high vol.16 crack floor】

テーマ:archive
under's high vol.16 アーカイブ。



アートやカルチャー、音楽をキーワードにひねりの効いた様々なアイテムをセレクトしているSHOPです。
ユニセックス的に男女共に着れる洋服や個性的なアクサせりーなどエッジの効いたアイテムをセレクトしています。

入荷したアイテムはコーディネートと一緒にブログで紹介しています。
(crack floor blog) 

HPのonlineshopでは通販も出来ますので、こちらもご覧下さい。

【取り扱いブランド】
hiro.
BLANK
TEST
Transvestite
ANTI SYSTEM PRODUCT
F.E.A.R
STOF
ACHIEVERS
bedsidedrama
STORAMA
etc...

鹿児島市照国町14-22 佐土原ビル1F
TEL 099-210-7266
営業時間 OPEN11:00 - 20:00

(クラックフロアmap) 

アーカイブ【under's high vol.16・未来構想論】

テーマ:archive
under's high vol.16 アーカイブ。



鹿児島未来構想論 vol.3 「投げ銭」

様々な「思い」や「行動」があり、それらが繋がって文化が作られていく。前号の特集「創造共同体」でも触れた事だが、それらが発展していくには循環が無くては難しい。

どれだけ大きな志があっても行っている事に対してまったくレスポンスが無ければ、アーティストやオーガナイザーのモチベーションも下がり、継続する事が難しくなってしまうのだと思う。様々なジャンルに言える事でもある。

今、昔ながらある「投げ銭」を考えてみたい。

道端で大道芸人の芸を見て投げる、おひねり的なものといえば分かりやすいかもしれない。たまたま見た路上のライブやパフォーマンス、ギャラリーで見かけた 1枚の絵、イベントで感じた快い音楽…文化的体験への返答であり、見たものや感じた事への対価ともいえる。お金で無くてもいい。それぞれ、その人なりの何らかのレスポンスであればいいと思う。

投げ銭される側は単なる利益として捉えるのではなく、よりクオリティを高める為に尽力していかねばならないし、また投げ銭する側は前述的な御礼やおひねりの意味もあるが、次への期待値でもあり、高まっていくクオリティを見ていく事で自分自身の刺激や感性を育む事にも繋がっていく。



そして、「投げ銭」は何もアートやパフォーマンスの事だけではない。

例えば、イギリスに「ナチュラル・トラスト」という団体がある。景観や歴史的な建造物を守り、地域独自のアメニティを守る事を目的としているのだが、財源のほとんどはこの活動に共感した人たちによる寄付や募金によって賄われている。また、「kaBOOM!」というアメリカのNPO団体は「全ての子供達に遊び場を!」というコンセプトに基づき、全米各地域の空き地に公園を造っている。創立者「ダレル・ハモンド」が24歳で始め、設立から現在まで14年で全米に約1500以上もの公園を作っているそうだ。そしてただ造るだけではなく、そのプロセスにより住民と共に地域コミュニティーの再生、活性化をはかっている。面白いのは、公園づくりマニュアルキットを公開しているところ。
公園を作るために必要な、お金の調達、計画のたて方、地域との連携の作り方、ボランティアの人をどうやって集めて廻していくか、公園の運営、PRの仕方など、色々な人達が参加し、協力していけるような仕組みを作っている。

これらも少しニュアンスが違うかもしれないが、自分たちが良いと思う団体や施設、行いに寄付をしたり、参加していく事は「投げ銭」ともいえるだろう。

そして、このコラムを書いている最中、「タイガーマスク運動」のニュースが世間を賑わせていた。今回、僕が書いている事とは少し違う面もあるが、自分で出来る事を少しでもしたい、誰かを助けたい…たくさんの人の根底にあった想いが表に出て、連鎖していったこの運動の根底にあるものは似ていると思う。

こうした流れも含め、従来のシステムが崩れつつある中、人と人との繋がりで作られ、支え合い、助け合い、育て合う環境を僕らは無意識に求めてきているのだと感じている。

この巻末コラムでの1つのテーマともいえる人の力や感性を育めるような空気を作っていく為の1つの方法としての「投げ銭」…勿論、認知され、定着していくのは難しい面もあるだろうが、「投げ銭」が示すような環境は、人と人とのつながりが強いこの場所だからこそ生まれやすい気がする。

自分自身、いまだ考察中であり、より具体的な形にしていくのはこれからではあるのだが…そうした空気が広がり、それぞれが感じた事をどう考え、どう行動していく事で、様々なコミュニケーションが生まれ、やがてアスファルトの下から芽吹く雑草のような力強い文化が育まれていく事を夢みているんだ。


Text by chabin.

under's high vol.17入稿。

テーマ:ブログ
フリーペーパー「under's high vol.17」明日、入稿となりました!

出来上がりは5月7日になる予定です。また、配布を開始しましたらお知らせいたします。

今回は、フリーペーパーやzineなど自由な紙媒体が特集テーマになってます。1月に鹿児島でライブがあったアーティスト「踊ろうマチルダ」のインタビューやレギュラーものも充実しています。

あと、ちょっとしたお知らせもあるので、是非、手にとって読んでみて下さい。

どうかよろしくお願いいたします。

1  |  2    次>    

フリースペース

LINK SITE (店名をクリックするとHPが開きます。)

【crack floor】(クラックフロアHP・wear&zakka) 


【hexe room】(ヘキセ・ルームonlineshop/wear&zakka) 
         (ヘキセ・ブログ) 

【 recife 】(レシフェ・drink&food&music) 

【drift wood】(ドリフトウッド・outdoor shop) 

【slime】(スライム・hair&make,nail) 

【藤 宝石】(blog/original・jewelry) 

【japonica7】(ジャポニカセブン・古家具再生・制作) 
        (ジャポニカセブン/ブログ) 

【NOSE GLASS】
(ノーズグラスonlineshop・wear&zakka) 
(入荷情報) 

【天ぶろ】
(街と暮らしをつなぐブログポータル) 


【titibisco】
(チチビスコ/cafe) 

【sonviola】
(サンビオラ/cafe) 

【aoba】
(cafe アオバ) 

【kinenbi】
(キネンビ&nest coffeeHP) 

【jk planet】
(jk planet HP・jewelry) 

【rhythm】
(リズム・hand crafted leather) 

【swung】
(スワング・木製の家具と雑貨) 

【azul glass】
(アズールグラス・glass accessory&work shop) 

【松下写真事務所】
(MATSUSHITA photograph office) 

【ロスフィー(ランドスケープ)】
(ロスフィーのブログ) 

最近の記事一覧

記事テーマ一覧

カレンダー

<<      2011/04      >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランキング

総合ランキング
14位 / 501人中 keep
ジャンルランキング
1位 / 3人中 keep
学び・教育

ブログバナー

プロフィール

under’s high.

鹿児島の人や歴史、文化を独自の視点で切り取っていくフリーペーパー「アンダーズ・ハイ」

6ヶ月に1度の季刊発行となります。次号(vol.22)は、2013年11月2日(土曜日)発刊予定となっております。

【under's high】
●juntoki (グラフィック・デザイン)
●マツシタ・ミズキ(フォトグラフィック・営業)
●ケンタロウ(編集・ライター)
●チャビン(編集・ライター)

ホームページ

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧