遠い遠い田舎町から、「焼酎」の応援をします!
本場の焼酎好きのみなさん!
いろいろ教えてください!
1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

テーマ:ブログ
尾込商店といえば、レギュラー酒「さつま寿」。

そして、季節限定で新酒の「旬」と

数か月だけ寝かせた「桜」がある。

以前に一年置いていた「旬」を飲むと、

あまりにもおいしかったので、

今回は、「桜」を購入。

たしか、この焼酎は黒麹。

「旬」は、お湯割りで甘い芋の香りが広がった。

きっと、同じ感覚に違いないと、

ストレートで飲んでみたが、

ストレートでも甘く濃厚な芋の香りが広がる。

お湯割りにすると、より濃厚さを感じるが、

若干の苦みが味のバランスを引き締める。

これは、すごい焼酎だ。

この日は、同じ蔵の「池の鶴」も用意していたが、

池の鶴

「池の鶴」さえもかすんでしまうようなインパクト。

あえて似ている焼酎をあげるとすれば、

芋麹で作った芋焼酎だろうか?

宝山 芋麹全量

とにかく、うまいので、次回も残っていれば買おう。

残っていなかったなら、秋の「旬」を楽しみに待とうと思う。



私のおススメ度 ☆☆☆☆☆

丸西 紅芋にごり

テーマ:ブログ
先日、近くの焼鳥屋「おかげさん」が、

開店一周年記念企画をやった。

普段は、食べることができない

韓国風もつ鍋「ちりとり鍋」を

やってくれたのだが、これが本当にうまかったのだ。

食べてみたい方は、東京国分寺の「おかげさん」に行ってくださいね。

そこの大将からもらったのが、この焼酎。

丸西 紅芋にごり

丸西の焼酎は久しぶりだが、紅芋というところが気になる。

きっと、杜氏潤平や朝堀りに近いだろう。

大き目のグラスに少し多めに注ぐ。

グラスを回しながら、香りを確かめる。

落ち着いた雰囲気の焼酎。

口の中に流し込むと、想像通りの味。

口当たりがやさしくて、味わう程に厚みを感じる。

安物のアルコール臭のきついものとは全く違う。

冷蔵庫で冷やした水で割ってみたが、

決して味がうすくなった感じはしない。

もらった焼酎の値段をしらべるのは、

少し気が引けるが、良しとしよう。

一升瓶2571円(税込)(あるお店のHPより。)

お湯割りや前割りもきっとおいしいと思うが、

次回の楽しみにとっておこう。



私のおススメ度 ☆☆☆+


青鹿毛

テーマ:ブログ
宮崎県都城市の柳田酒造の麦焼酎。

青鹿毛

シンプルな青いラベル。

麦麹の麦焼酎ということなので、

少し濃い目の癖のある焼酎だと予想した。

ところが、予想に反して飲みやすかった。

ストレートで少しだけ味見し、

常温の水で割る。

焼酎1に対して、水2と弱気の割合。

甘味あり、コクあり。

アルコール臭はあまり感じない。

ネットで確認したら、

4合瓶で1250円。

どこで購入したのかは思い出せないが、

名古屋の「オオタケ」かもしれない。

その翌日にも飲んでみたが、

やはりすっきりとした焼酎。

ネット情報によれば、

お湯割りもいいとのことなので、

麦はあまりお湯割りにはしないけど、

今晩はお湯割りで飲んでみよう。

つまみはチーズで飲んでみよう。



私のおススメ度 ☆☆☆+

蔵内極秘稟議書

テーマ:ブログ
この特徴のある名前が

ずっと前から気になっていた。

蔵内稟議書

友人からのプレゼントだったが、

記事にするため、ネットで価格を調べた。

1升で、2680円。

株式会社酒蔵王手門は、宮崎県日南市にあるそうだ。

日南娘のように飲みやすい焼酎だろうか?

しかし、ラベルを読むと、

「明治創業当時の焼酎を復古させるべく・・・」

などと書かれているので、芋くさいタイプかもしれない。

ストレート、ロック、水割りと試したが、

イメージはあまり変わらない。

一言で言うなら、辛口の焼酎。

辛口と表現するのはもしかしたら初めてかもしれない。

単独で飲むにはあまりおいしいと思わないが、

つまみとの相性はよさそうだ。

魚肉ソーセージと合わせたが、

なかなかおいしかった。

次回は、開封後の味の変化や、

お湯割りも試してみたい。



私のおススメ度 ☆☆☆

無一物

テーマ:ブログ
麦焼酎「無一物(むいちぶつ)」。

長崎県の壱岐焼酎協業組合の焼酎。

無一物

三重県尾鷲市に行った時に、

なんとなく気になった酒屋で購入した。

そこは大海酒造の麦焼酎があったり、

ちょっとおもしろい品ぞろえの店だった。

4合瓶で1300円ちょっと。

樫樽で5年間貯蔵したものらしく、

少し色がついている。

壱岐焼酎はあまり飲んだことはないが、

どちらかというと正統派のおいしい焼酎というイメージ。

ストレートで味わってみたが、

雑味が感じられ、あまりおいしくない。

焼酎4:水6の水割りに氷を入れた。

香りも良くて、口当たりもいい。

すっきりとした中にもコクが感じられ、

ものすごくおいしい。

やはり、麦は水割りだ!

もう少しうすめにして、

2,3杯飲んだ。

飲み飽きするわけでもなく、

なかなかいい焼酎だ。

大海酒造の「翔」を思い出した。

実は、「翔」も壱岐焼酎なのでは?

勝手な想像をしながら、

もう一杯飲むことにした。



私のおすすめ度 ☆☆☆+


1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2017/05      >>
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

天文館など

シイ太

鹿児島の芋焼酎が大好きです!
究極の焼酎を探し求めています!

このブログの読者

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧