黒こうじ屋久の島

テーマ:ブログ
本坊酒造の屋久島工場で作られた焼酎。

実は、中身は「屋久島の杜」と同じではないか?

と勝手に想像していた。

しかし、こちらはまさに黒麹!という焼酎。

飲んだ瞬間、佐藤黒や黒麹旭万年を思い出した。

「屋久島の杜」は飲みやすい焼酎だったけど、

こちらは芋焼酎らしい芋焼酎。

本当はお湯割りがいいのかもしれないが、

ロック、水割りで飲んでみた。

最近ロックで飲むことは少なくなったけど、

コクが感じられてよかった。

若干の雑味は感じるけど、

おいしい。

やはり、焼酎は水で決まるのだろうか?

今まで飲んだ屋久島の焼酎はハズレがなかった。

屋久島で飲んだら、もっとおいしいんだろうな。

明日は、池田綾子さんのCDを聴きながら、

屋久島の焼酎を順番に飲んでみよう・・・。



私のおススメ度☆☆☆

中々

テーマ:ブログ
宮崎、黒木本店の麦焼酎。

百年の孤独の原酒ということでも有名。

多分、自分が今までに購入した本数で言えば、

2番目に多いと思う。

中々

ちなみに1番多いのは、「三岳」。

「そんなに、中々が好きなのか?」

と問われると、

「いや、そうでもない。」

というのが答え。

たしかに飲み易いし、旨みもあるし、

まったく文句のつけようがない焼酎。

それに定価は他の焼酎に比べると安い。

4合ビンで990円だったか?

嫌なのは、人気がありすぎて、

プレミアで売られていることが多いから。

(というか、私が天邪鬼だから・・・。)

だから、特約店に行くと、

必ず一本買ってしまう。

現在、家には5~6本の「中々」がある。

だれかにプレゼントすることが多いが、

たまには自分で飲んでみよう・・・。



私のおススメ度☆☆☆☆

屋久の杜

テーマ:ブログ
本坊酒造の屋久島工場で作られた焼酎。

「津貫会」と書かれているので、

全国でも販売しているお店は、

少ないと思われる。

デザインは、森をイメージしたのか

緑色のラベルに文字が書かれている。

黒麹なので、インパクトがあるかも

と思いながら開封した。

思ったほど香は強くなかった。

まず、ストレートで。

あれ、黄麹の間違いじゃないの?

というくらい軽い飲み口。

氷を入れた。

さらに飲みやすくなった。

水を入れた。

もっと飲みやすくなった。

飲みやすいという表現は、

決してわかりやすい表現ではないが、

この焼酎は、飲みやすいのだ。

その証拠に、半分以上飲んでしまった・・・。



私のおススメ度☆☆☆

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2009/08      >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

天文館など

シイ太

鹿児島の芋焼酎が大好きです!
究極の焼酎を探し求めています!

このブログの読者

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧