1  |  2    次>    

森のささやき悠久浪漫

テーマ:ブログ
大分県ぶんご銘醸の麦焼酎。

度数は32度、720mlで2500円。

樫樽(?)で寝かせたものらしい。

イメージとしては、「百年の孤独」に近い焼酎だろうか?

同じ大分の「兼八森のささやき」は飲んだことがあった。

「兼八森のささやき」はすごい人気で、

オークションで5万円で出品されているのを

見かけたことがあった。

(入札があったかどうかは覚えていないが・・・。)

「森のささやき悠久浪漫」は度数の高さを感じない

飲みやすい焼酎で、ロックで飲んだ。

どちらかというと度数の高い焼酎は好みではないが、

この焼酎は軽いつまみと合わせて、

ちびりちびり飲みたいと思った。

ビンもおしゃれで、プレゼントにもよさそう・・・。

今度、同級生の酒屋さんに飲ませてみよう・・・。



私のおススメ度☆☆☆

さつま島娘

テーマ:ブログ
鹿児島県の蔵元、長島研醸の芋焼酎。

さつま島美人が有名。

一升瓶で2400円くらいだったか・・・。

さっそく開封し、コップに注ぎ、

そのまま飲んでみた。

骨太の芋焼酎。

これなら、地元でうけるだろうなという感想。

ロック、水割り、お湯割り、何でも来いだろう。

本来は、すっきり系の芋焼酎が好きだけど、

こんなしっかりした焼酎と、

地鶏焼きを合わせたい。

そういえば、知り合いは、

「前は、いろんな焼酎を飲んだけど、

最近は、さつましま美人しか飲まない!」

と言い切っていた。

「さつましま美人」がどんな味だか忘れたけど、

きっとおいしいに違いない。

さつま島娘は、さつましま美人を寝かせたものだろうか?

ラベルには、島内限定と書かれてあるが、

地元で飲まれている焼酎にしては、

少し値段が高い気もする・・・。

地元の人は島娘を飲んでいるのだろうか・・・。



私のおススメ度☆☆☆

麦汁

テーマ:ブログ
熊本県豊永酒造の麦焼酎。

熊本といえば、米焼酎。

「完がこい」という米焼酎が

入手困難だった時期があった。

そういう米焼酎だけ(たぶん・・・)を作っていた

蔵元がどんな麦焼酎を作るんだろう?

という興味と、

あまりにも変(失礼!)なネーミング

に迷わず購入してしまった。

開封してそのまま匂いをかぐと、

ちょっと複雑な印象だった。

「失敗だったかな?」

という感想が頭をよぎったが、

大きめのグラスに注ぎ、

一口含んでみると、

意外にさっぱりしていた。

後口もさっぱりしていて、

かなりレベルの高い焼酎だと思った。

4合ビンで、1200円程度だったと思うけど、

これは、おススメできる麦焼酎だ。

麦焼酎は水割りで!と決めているが、

お湯割りにしてもいいかもしれない。

お湯割りがイマイチだったら、

冷ましてから飲めばいいだろう・・・。

お気に入りの「牟礼鶴」と飲み比べてみよう・・・。



私のおススメ度☆☆☆+

造り酒屋桜井

テーマ:ブログ
鹿児島県桜井酒造の芋焼酎。

この蔵で有名なのは、「金峰桜井」かな?

「小さな蔵」というのがレギュラー酒。

「小さな蔵」は程良い甘さが好み。

「造り酒屋桜井」はなかなか入手困難だったので、

開封できずにずっと納屋の奥にしまってあった。

なんとなく飲んでみようと思い、開封。

正月だからとか、お客さんが来たからとか、

まったくそんな理由もなく一人で飲んでみた。

そのまま、そして水割り、お湯割りも・・・。

感想がでてこない・・・。

もちろん、飲み口は柔らかくて、いい焼酎だとは思う。

しかし、お湯割りで香りの華が開くというわけでもなく、

インパクトがない・・・。

しかし、一回飲んだくらいでは判断はできない。

鷲尾だって、萬膳だって、八幡だって、

最初はあんまりおいしいとは思わなかった。

水との割合を変えてみたり、

お湯割りが冷めてから飲んだり、

ツマミを考えてみたり、

急に「おいしさ」に気付くこともある・・・。

今夜も確認してみよう・・・。



私のおススメ度☆☆☆

一尚(白)

テーマ:ブログ
鹿児島、小牧醸造の芋焼酎。

小牧、伊勢吉どん、は飲んだことがあった。

一尚(白)は期間限定のようだ。

ビンに特徴がある。

通常の四合ビンより、しっかりとしていて、

一升瓶と同じ口の大きさだ。

ラベルは、「大分蔵元めぐり」の2009年のように

ビンに直接書いてあるように見える。

ラベルを読むとビール酵母も使われているらしい。

期待しつつ、開封。

かなり複雑な香りを感じる。

生で試すと、トゲがなく、味が横に広がる感じ。

やはり複雑な味だ。

ロック、水割りで試すが、

おいしいのかどうか?よくわからない。

しばらく、休憩してテレビを見ていた。

少しだけ口に残った味がなんとなく魔王っぽい・・・。

もう一度、水割りで飲んだ。

なんとなく「萬膳」とも似ているような気がする・・・。

だんだんとおいしく感じてきた。

4合ビンで1400円前後だったと思う。

この味なら、高くない・・・。

次回はお湯割りだな・・・・・。



私のおススメ度 ☆☆☆☆☆
1  |  2    次>    

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2011/01      >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

天文館など

シイ太

鹿児島の芋焼酎が大好きです!
究極の焼酎を探し求めています!

このブログの読者

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧