晴耕雨読(黒麹)

テーマ:ブログ
なんとなく飲みたくなって、

物置の奥からひっぱりだして飲んだ。

なんと、製造日が2006.6となっている。

かなり前に飲んだのは、白麹だったが、

「晴耕雨読」というネーミングは素晴らしいと思っていた。

値段は、値札シールがあったので、間違いなく、2880円。

今から考えると、ちょっと高いように思う。

この蔵のレギュラー酒「角玉」が2000円前後で、

かなりうまいので、そう感じるのかもしれない。

香りは、なんとなく懐かしいような・・・。

そのまま味わってみる。

まろやかさはあるが、なんとなく物足りない・・・。

5年間も置いていたのがいけなかったのか・・・。

お湯割りにしてみるが、

隠れていた美味しさが華開くわけでもない。

やはり、物足りない・・・。

そう思いながら飲んでいると、

軽く自分の許容範囲を超えていた。

しばらく置いてからまた確認してみよう。

(いつもながら、なんの感想にもなっていない・・・。)



私のおススメ度 ☆☆☆

園の露(透明びん)

テーマ:ブログ
私の大好きな焼酎「園の露」(植園酒造) の新酒。

透明のビンに入っている。

一升瓶で1700円ちょっとだったか・・・。

普通の「園の露」が素晴らしすぎるので、

他の種類は飲む必要がない気もするが、

とにかく飲んでみた。

そのまま口に含むと、苦味が勝っている印象。

トゲトゲしさはないが、新酒らしい若干のトゲはある。

水割りにしてみたが、あまり印象に残らない。

お湯割りも特筆すべき点がない・・・。

普通の「園の露」は、

まろやかな甘みがいいのだが、

透明びんはそれがないので、

私にはあまり合わないようだ。

少し前割りにして、冷蔵庫で寝かせてみよう。

そして、残りはしばらく置いてから飲んでみよう。

もしかしたら、おいしくなっているかもしれない・・・。

これも焼酎の楽しみ方。

次回は「湯煎とっくり」を使って燗で飲んでみるか・・・。



私のおススメ度☆☆☆

牟礼鶴(イチコツ)

テーマ:ブログ
大分の麦焼酎の蔵「牟礼鶴酒造」の新商品。

4月1日の発売だったようだ。

レギュラーは黄色のラベルだが、

こちらは緑色。

「牟礼鶴」も過去に飲んだ麦焼酎ベスト10には

入る焼酎なので、期待大。

まず、生でやってみた。

かなり甘く、丸い味がする。

甘すぎるかも?

しかし、これはかなり万人受けしそうな感じ。

黄色のラベルと混ぜたらもっとうまいかも・・・。

お湯割りはなんとなくダメそうな気がするので、

その後は、水割りで飲んだ。

ロックか濃いめの水割りがおススメ。

焼酎をあまり飲んだことのない方にもおススメ。

だから、プレゼントにもおススメ。

価格は720ミリで1050円とお手頃。

特約店は、蔵元のホームページに載っていたが、

私の住む和歌山では、山根酒店東山店のみが

特約店のようだ。

もし、このお店に行かれるなら、

「六代目百合」が店のおススメだったりする。



私のおススメ度 ☆☆☆☆

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2011/05      >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

天文館など

シイ太

鹿児島の芋焼酎が大好きです!
究極の焼酎を探し求めています!

このブログの読者

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧