もぐら

テーマ:ブログ
さつま無双の芋焼酎。

もぐら

以前に「黒さそり」という麦焼酎を飲んだが、

かなりインパクトのある味だったと記憶している。



もぐらは4合瓶、1380円。

何も考えずに、お湯割りに。

雑味を感じた。

苦味、渋味、甘みのすべてが感じられるのだが、

渋味を強く感じる。

これは、もしかしたら先入観からくるのかもしれない。



翌日は、そのまま口の中で転がしてみた。

やはり渋味を感じる。

しかし、これは食べ物との組み合わせで変わるはず。

若干薄めの水割りにすると、

甘みを感じられるようになった。

スモークチーズと合わせてみたが、

なかなか相性がいいような気がした。

スモークチーズが酒のつまみとして優秀なのかもしれない。

思ったほどガツンとは来なかったが、

少しトゲがあるように感じる酒は、

しばらくおいておくといい場合がある。

この酒もしばらく放置しておくことにしよう・・・。



私のおススメ度 後日

萬膳(フロスティーボトル)

テーマ:ブログ
萬膳はもちろん飲んだことはあるが、

フロスティーボトルというのは酒屋さんからの

メルマガで初めて知った。

4合瓶で1680円なので、安くはない。

注文しようか?迷っていると、

新しいメルマガでもっと欲しい焼酎のお知らせが・・・。

もちろん、すぐにそれらを注文した。

送られてきたのは、広口の4合瓶の萬膳。

萬膳フロスティーボトル

その日のうちに開封。

萬膳は黒麹だけど、黄麹の焼酎のような味だったはず。

メモリの入ったグラスを使って、

きっちりと6:4に。

この焼酎の場合、特にここにこだわりたいところだ。

つまみも名宝ハムに少量のマヨネーズ。

ハムをかじってから、ゆっくりと流し込む。

「おお、やっぱり萬膳や、うまい!」

おいしさが口の中で横に広がるような感じ。

ただ、普通の萬膳と違うのかどうかはわからない。

そのために一升瓶を開ける勇気もない。

次の日も、その次の日もこれが飲みたくなった。

結局4日めで空になってしまったが、

1680÷4=420円だから、

缶ビール2本分くらいなので、

そう考えると高くはないかな。

(送料については考慮なし)

やっぱり、焼酎はいいな。

ちなみに、一緒に注文した焼酎は「真鶴」。

これは、来年の正月用かな?



私のおススメ度 ☆☆☆☆


雪洲

テーマ:ブログ
雪洲

派手なラベルで、きっと個性的な麦焼酎だろう、

と勝手な想像をしながら、

氷を入れたグラスになみなみと注いだ。

初めての焼酎を、いきなりロックで豪快に飲むということは、

あまりやらないけど、なんとなくそんな気分だった。

「あれ、むちゃくちゃうまいぞ。なんや、これは?」

というのが第一印象。

程よい甘みとかすかに刺すような刺激的な存在感。

長崎の重家酒造の焼酎は飲んだことがあるはず・・・。

しかし、この感覚は魔王を初めて飲んだ時のよう・・・。

水割りも悪くない。

いい意味での期待外れは、「園の露」を思い出した。

こちらも、小瓶が900ミリ。

どこで買ったのかは忘れたが、見つけたらまた買おう。

ネットで検索すると、同じ900ミリは見つからない。

一升瓶のデザインは、これと似ているが、

900ミリは、720ミリに変更になったのかもしれない。

原料は、米麹1、大麦2とのこと。

程よい甘みは米麹とのバランスのなせる技かもしれない。

とにかく文句のつけようがないと感じたが、

この時は、缶ビール2本飲んだ後だったので、

素面の状態で飲んでいても同じ感想だったかは、

本当のところ自信がない。

いろんな麦焼酎を飲んでみたいという方には、

おススメさせて頂きたい。



私のおススメ度 ☆☆☆☆+

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2014/11      >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

天文館など

シイ太

鹿児島の芋焼酎が大好きです!
究極の焼酎を探し求めています!

このブログの読者

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧