遠い遠い田舎町から、「焼酎」の応援をします!
本場の焼酎好きのみなさん!
いろいろ教えてください!

テーマ:ブログ
尾込商店といえば、レギュラー酒「さつま寿」。

そして、季節限定で新酒の「旬」と

数か月だけ寝かせた「桜」がある。

以前に一年置いていた「旬」を飲むと、

あまりにもおいしかったので、

今回は、「桜」を購入。

たしか、この焼酎は黒麹。

「旬」は、お湯割りで甘い芋の香りが広がった。

きっと、同じ感覚に違いないと、

ストレートで飲んでみたが、

ストレートでも甘く濃厚な芋の香りが広がる。

お湯割りにすると、より濃厚さを感じるが、

若干の苦みが味のバランスを引き締める。

これは、すごい焼酎だ。

この日は、同じ蔵の「池の鶴」も用意していたが、

池の鶴

「池の鶴」さえもかすんでしまうようなインパクト。

あえて似ている焼酎をあげるとすれば、

芋麹で作った芋焼酎だろうか?

宝山 芋麹全量

とにかく、うまいので、次回も残っていれば買おう。

残っていなかったなら、秋の「旬」を楽しみに待とうと思う。



私のおススメ度 ☆☆☆☆☆

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.tenblo.jp/shiita42168/trackback/28486

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2017/07      >>
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

天文館など

シイ太

鹿児島の芋焼酎が大好きです!
究極の焼酎を探し求めています!

このブログの読者

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧