<<最初    <前    1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

蔵内極秘稟議書

テーマ:ブログ
この特徴のある名前が

ずっと前から気になっていた。

蔵内稟議書

友人からのプレゼントだったが、

記事にするため、ネットで価格を調べた。

1升で、2680円。

株式会社酒蔵王手門は、宮崎県日南市にあるそうだ。

日南娘のように飲みやすい焼酎だろうか?

しかし、ラベルを読むと、

「明治創業当時の焼酎を復古させるべく・・・」

などと書かれているので、芋くさいタイプかもしれない。

ストレート、ロック、水割りと試したが、

イメージはあまり変わらない。

一言で言うなら、辛口の焼酎。

辛口と表現するのはもしかしたら初めてかもしれない。

単独で飲むにはあまりおいしいと思わないが、

つまみとの相性はよさそうだ。

魚肉ソーセージと合わせたが、

なかなかおいしかった。

次回は、開封後の味の変化や、

お湯割りも試してみたい。



私のおススメ度 ☆☆☆

無一物

テーマ:ブログ
麦焼酎「無一物(むいちぶつ)」。

長崎県の壱岐焼酎協業組合の焼酎。

無一物

三重県尾鷲市に行った時に、

なんとなく気になった酒屋で購入した。

そこは大海酒造の麦焼酎があったり、

ちょっとおもしろい品ぞろえの店だった。

4合瓶で1300円ちょっと。

樫樽で5年間貯蔵したものらしく、

少し色がついている。

壱岐焼酎はあまり飲んだことはないが、

どちらかというと正統派のおいしい焼酎というイメージ。

ストレートで味わってみたが、

雑味が感じられ、あまりおいしくない。

焼酎4:水6の水割りに氷を入れた。

香りも良くて、口当たりもいい。

すっきりとした中にもコクが感じられ、

ものすごくおいしい。

やはり、麦は水割りだ!

もう少しうすめにして、

2,3杯飲んだ。

飲み飽きするわけでもなく、

なかなかいい焼酎だ。

大海酒造の「翔」を思い出した。

実は、「翔」も壱岐焼酎なのでは?

勝手な想像をしながら、

もう一杯飲むことにした。



私のおすすめ度 ☆☆☆+


常徳屋(青ラベル)

テーマ:ブログ
大分県宇佐市の(有)常徳屋酒造場の麦焼酎。

常徳屋青ラベル

この蔵でお気に入りの「為・」(ためしてん)

という焼酎は、すっきり系の麦焼酎。

きっとこの焼酎も同じような味だと思っていた。

4合瓶で1029円と手ごろな価格だ。

常圧と減圧をブレンドしているということだったが、

旨みのある個性的な焼酎だった。

最近は、氷を入れない水割りで飲むことが多いが、

この焼酎は少し薄めで、

氷を入れて飲むのがよさそうだ。

麦焼酎はお湯割りでは飲まないので、

2、3杯飲んで、残りは焼き鳥屋「おかげさん」の

店主にあげた。

彼は、その場で水割りにしていたが、

「うわあ、個性的な焼酎っすね。これはおもろいわ!」

という感想を口にしていた。

常徳屋には、あと何種類かあるようなので、

次回はそれを飲んでにようと思う。

田辺の酒屋さんでも仕入れてくれたら、

買いやすいのだが・・・。



私のおススメ度 ☆☆☆+




しま甘露

テーマ:ブログ
しま千両の高崎酒造のレギュラー酒。

甘露

かなり昔に飲んだことがあるはずだけど、

どんな味だったのか忘れていた。

芋蔵で水割りも飲んだのだが、

すこし甘くておいしいという程度の感想。

今回ある酒屋さんに「七代目日南娘」(6000円)を買いに行き、

七代目日南娘

少しホコリのかかった「しま甘露」を見つけた。

製造年月日の記載はないが、

かなり古いものに違いないと確信し、購入。

(古そうなのを有難いと感じるのも変かもしれないが)

900ミリで1080円。



帰ってから、さっそくお湯割りに。

感想は難しい。

おいしいけど、特徴が感じられない。

丸みはあるけど、少々物足りない。

水割りにすると、ほのかな甘みが感じられ、

この焼酎の良さが引き出されたようだ。

若干濃いめの水割りがおいしい。

ロックもいいかもしれない。

次回、大好きな「しま千両」と飲み比べしてみるか。



私のおススメ度 ☆☆☆+

自然麦

テーマ:ブログ
トヨノカゼや泰明が有名な大分の藤居醸造の麦焼酎。

自然麦

(写真は720ml)

田辺の酒屋さんに置いてあり、(一升瓶2300円台)

気になっていながら、購入していなかった。

先日、名古屋で芋蔵(金山)というお店に入ると、

自然麦が目に入った。

芋蔵というお店だから芋を飲みたい気持ちもあったが、

「自然麦の水割りダブルで。ところでダブルはどれくらいの量?」

と質問しつつ注文。

「量はわからないですが、シングルだとほんの少しです。」



生ビールを何杯も飲んだ後だったけど、

クセがなく、しかし香ばしさも感じられるおいしい焼酎だった。

今にして思えば、シングルの水割りとロックにすればよかった。

今まで飲んだ焼酎の中では、茶屋が近いかも・・・。

今度、芋蔵に行ったらもう一度注文してみよう。



私のおススメ度 ☆☆☆+



<<最初    <前    1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2019/12      >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

天文館など

シイ太

鹿児島の芋焼酎が大好きです!
究極の焼酎を探し求めています!

このブログの読者

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧