<<最初    <前    2  |  3  |  4  |  5  |  6    次>    最後>>

松の露(松の露酒造)

テーマ:ブログ
よく見かけるようなラベルが気になっていた。

宮崎県日南市の松の露酒造の芋焼酎。

(桜井酒造にも同じ名前の芋焼酎がある。)

年代物の松露を買った酒屋さんで買った。

松の露

さて、芋焼酎はお湯割り。

さっそくメモリの入ったグラスでお湯割り

を作り、飲んでみた。

あれ?想像していた味と全然違う・・・。

なんというか、味にアクセントがない。

クセは感じられないけど、

おいしいということもない・・・。

これはハズレだったと思ったが、

続けて水割りにしてみた。

あれ?甘みが感じられておいしい!

舌がおかしいのか?

もう一杯飲んでみたが、おいしい。

水割りの方が深みも感じられる。



後日、後輩にも飲ませてみた。

前回も登場した焼き鳥屋(国分寺のおかげさんの大将。)

「うまいっすね。有名じゃない焼酎でもこんなにうまいのがあるんすね。」

かなり気に入った様子。

一升瓶で約1800円という価格もいいと思う。



私のおススメ度 ☆☆☆+

真鶴

テーマ:ブログ
万膳酒造の年一回の限定品の芋焼酎。

真鶴

新酒はすぐに飲むべし、なのに、

昨年はあまりに大事にしすぎて、

飲む機会を逸してしまった。

今年は、すぐに飲むぞと決めて注文。

日南娘20度、夢鏡、薩摩茶屋等も一緒に頼んだ。

到着した次の日、東京で焼き鳥屋をやっていて、

今度熊野で焼き鳥屋をやりたいという後輩と飲んだ。

東京の店でもかなり焼酎にこだわっているらしい。

東京は国分寺の「おかげさん」という店らしいが・・・。



さて、開封して香りを楽しむ。

新酒らしいフレッシュな印象を想像したが、

かなり落ち着いた香り。

生でやってみた。

相手の感想に惑わされないように、

同時に口に含む。

「う~ん。これは・・・。」

「新酒とは思えない・・・。」

「水やお湯で割るのがもったいない。」

「これ、そのまま冷やしたらやばいっすよ!」

そのような会話が続く。

そう言いながらも、半分は水割りに。

水割りもおいしい。

そういえば、昨年あるお店(特約店ということだったが)

でセットで販売されていて、かなりいい値だったのを

思い出した。

お供の日本酒の値段を知らないので、

プレ値での販売していたのかは不明だが・・・。



お湯割りも近々試そうと思う。

お湯割りもやばいかもしれない・・・。


私のおススメ度 ☆☆☆☆+


女王蜂

テーマ:ブログ
国分酒造の芋焼酎。

女王蜂

たしか九州限定だと思っていたが、

大阪で「鶴の荷車」を探していた時に見つけた。

「鶴の荷車」はなかったけど・・・。

値札は、1030円に見えた。

(実際は1300円。)

見間違いか、値札の間違いか?

それを確かめに行くには遠すぎる・・・。



味の方は、甘くてコクがある。

まるではちみつが入っているよう・・・。

だから、女王蜂というネーミングなのか。

味と名前がぴったり。

ロックと水割りで試したけど、どちらもいい。

もっと派手なラベルの方がいいような気もするが、

「芋」に代表されるようにシンプルなデザインが

この蔵の特徴かもしれない。



何も言わずに友人にも飲ませてみたが、

飲みやすいからなのか、

けっこうなピッチで飲んでいた。

お湯割りはどうだろうか?

三岳を初めて飲んだ時のように

感動するだろうか?

とりあえず、今夜試してみよう。



私のおススメ度 ☆☆☆+


ちんぐ

テーマ:ブログ
雪洲と同じ蔵元。

ちんぐ

飲んだことがあると思っていたけど、

記事の一覧には無かった。

どこかで一杯だけ飲んで記事にしなかったのかも。

いきなりロックで飲ってみた。

麦特有の接着剤のような臭いは全く感じない。

雪洲のようにすっきりとした中に、

しっかりとした存在感。

香ばしい麦焼酎とは違ったおいしさがある。

この焼酎は夏が似合いそう。

水割りも試したが、よりおいしく感じた。

大好きなトヨノカゼや兼八よりも食中酒としては

こちらが上かもしれない。

今回はこれを飲む前にビールも飲まず、

それなりに味を確認したつもりだけど、

実は焼酎を飲むのは、1か月半ぶりだ。

尿管結石になり、酒を控えていたのだ。

酒を飲まないようにとは言われていなかったが、

あの痛みを経験すると酒を飲みたいと思わなくなったのだ。

薬のおかげでその石も尿と一緒に体外に出て、

めでたくというか、5キロのダイエットにも成功し、

そして久しぶりに焼酎を飲んだのだ。

まあ、評価が甘くなっているかもしれない。

健康の大切さを実感した1月半だった。



私のおススメ度 ☆☆☆☆

風の梟

テーマ:ブログ
宮崎県落合酒造の麦焼酎。

この蔵の芋焼酎は飲んだことがあるが、

麦をのむのは初めて。

たしかこの蔵は、かぼちゃ焼酎も作っていたはず。

今回、もらったものだけど、

ブルーの瓶がかっこいい。

風の梟

ここに書くためにネットで検索すると、

税込1512円だったが、

ボトルのデザインが違っていた。

きっと中身は同じものだろう。



私の場合、麦焼酎は基本水割り。

それも最近は常温の水で割ることが多い。

これもそのように飲んでみた。

甘くて、すっきりとした焼酎。

壱岐焼酎の甘さもこんな感じだったように思う。

香ばしい麦焼酎を飲むことが多いが、

たまには違ったタイプの焼酎を飲むのもいいものだ。

しかし、4合瓶で1500円を超えると、

よほど好みでないとリピーターにはならない気がする。

かぼちゃ焼酎は気になるところだが・・・。



私のおススメ度 ☆☆☆

<<最初    <前    2  |  3  |  4  |  5  |  6    次>    最後>>

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2020/01      >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

ブログランキング

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

天文館など

シイ太

鹿児島の芋焼酎が大好きです!
究極の焼酎を探し求めています!

このブログの読者

お気に入りブログ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧