珈琲やお茶を淹れる時に

テーマ:ブログ
珈琲やお茶を淹れる時に純水を使うと美味しいと言われます。自然界には、純粋に水分子だけで構成された本当の純粋というものはありません。水は無色無臭なので、何も混ざっていない純粋なもののように思われがちなのですが、実際には存在しません。水はものを溶かす能力がつよいために常に何かがその中に溶け込んでいます。地域によって水質が異なるのは溶けているものが違うからです。硬水と軟水という分け方ありますが、水の硬度は水中に含まれているカルシウムとマグネシウムの量によって計算されます。要は水にどれくらいミネラルが含まれているかということなのですが、その指標としてカルシウムとマグネシウムが代表して用いられています。千年堂

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2017/12      >>
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

ブログランキング

総合ランキング
-位 / 501人中 keep

フリースペース

ブログバナー

プロフィール

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧