田代別館の情報3割、屋久島情報3割、ごく個人的な情報6割で行きたいかと
(足したら12割じゃん(+_+)・・・)
<<最初    <前    1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

ア ハード・デイズ・ナイト

テーマ:日記

皆様のご尽力で、復活したような気がする天ブロです。

しかし、私は忙しいのである。

熊本地震でお客様はかなり少ないが・・・忙しいのである。

例えば・・・ある日・・・

 

 わたしゃ朝から・・・屋久島町役場本庁・・・(空港近くにある、普通の観光客はチョットみない所)
へ行き・・・

 

去年の口永良部島に続き、今回の地震でめっさ観光のお客様が減ったので、なんか対策してくれ!・・・

と陳情を・・・

した後、すぐさま旅館へ帰り・・・

 

旅館の撮影・・・

そして・・・忙しさは深夜まで・・・

 

(宮之浦のラウンジ玄でカラオケ・・・)

あ~いそがしい・・・(*´∀`) 

 

不調

テーマ:日記

不調なんである(-。-;

婦長では無い(~_~;)

いや、体調とかは全然いい^_−☆

商売は確かに熊本地震以降不調であるが(;_;)

そんな事では無く、何が不調かとゆうと、

ブログである(¬_¬)

天ブロが不調で、管理画面に入れないのである(-。-;

じゃあ、この記事はとゆうと、何故か、iPadからは入れる!?(・_・;?

じゃ、イイじゃん^_−☆

と、思われるかも知れないがv(^_^v)♪

パソコンと比べると、スンゴイ面倒くさい |( ̄3 ̄)|

画像もアップしずらくなって(-_-)

やり易いのは、顔文字だけ(*^_^*)

面白いネタ沢山有るのだが(^ν^)

(嘘ピョン(^_−)−☆)

 

愛子岳に登ろう!

テーマ:日記

私も、屋久島で生を受け、モンベルクラブ会員である身としては、屋久島の山を登り尽くさないと気が済まない!

私が登頂制覇したことのある山といえば・・・

九州最高峰、泣く子も黙る、「宮之浦岳」(航行の時と、屋久島にUターンした時に登った) 

焼酎の銘柄にもなっている、三岳の一つ「黒味岳」(これも屋久島に帰ってきた時すぐ登った、都会でなまりきった体では死ぬかと・・・)

以上(゚∀゚)

(縄文杉は何回も行ってるけど、山とはいえないし・・・白谷雲水峡も、太鼓岩も・・・中腹だよねえ)

あまりにも少ない(´;ω;`)

とゆうことで、皇族の方もみられてその名前を付けたのでは、と言われる、屋久島の山では珍しく尖った山頂を持つ、「愛子岳」1,235Mへアタック(^O^)/

まず、空港近く小瀬田集落の県道沿いあるアコウの大木を目指して!

ここから、農道に入る・・・しばらく真っ直ぐ行くと、農道が丁字路にぶつかるので・・・

案内にしたがって、左折

 

大きく右にワインディングしている道を道なりに・・・数キロ行くと・・・

三叉路にぶつかり・・・

 

まだまだ、車で行けそうな気がするが・・・

なんと・ω・

ここが・・・車で行ける終点!

 

で案内看板などもあるので・・・見逃さないように・・・

 

で?どこから登るかとゆうと・・・・

 

三叉路右手のコンクリート道路脇から登山道に入っていく・・・

ここからほぼ登り一辺倒で、3時間ぐらい登れば・・・山頂・・・

 

 

 (屋久島空港から見た愛子岳・・・見るだけで急峻そう・・・)

 

だ・が・・今日のところは、このぐらいで勘弁してやろう(゚∀゚)

いつか、待ってろよ愛子岳Σ(・∀・;)

 

小原町バス停

テーマ:日記

何度か、いろんな所で声を大にしていっておりますが・・・・

 田代別館、正面のバス停は「小原町」

 

「種子島屋久島交通」さん、も「まつばんだ交通」さんも、「小原町」(違うほうが問題か・・・(;・∀・)・・・)

縄文杉のシャトルバスに乗る時も、ヤクスギランド、紀元杉へ行くときも、大川の滝へ行くときも・・・
ここからバスに乗れば、どこへでも?(-.-;)・・・行けま・・・す・・・

また、田代別館で売っている乗り放題チケット?を買えば・・・

 

(正確には「屋久島ゆったり乗車券」1日2,000円、3日3,000円 、4日4,000円・・・種子島屋久島交通さんだけ・・・)
一々小銭を出さなくても、チケットを見せるだけで、乗り放題!(*´艸`*)

でも小原町バス停で乗るお客様、最大の目的地は「白谷雲水峡」・・・

ゴールデンウィークはこの混みよう・・・

 

う~ん(-_-;)大したことないか?

南からきたお客様の乗り継ぎ地点にもなるんで、屋久島ではめったに見ない行列!
ちなみに田代別館(小原町)から、白谷雲水峡へ行くだけなら、490円・・・
乗り放題チケット買わないほうが良いよ~! 

リバーサイド旅館

テーマ:日記

田代別館はリバーサイド~♪

川沿いリバーサイド~♬

食事もリバーサイド~

とゆうことで、宮之浦川沿いに建つ田代別館である。

 といっても、山の中の渓流ではなく、海に近い、汽水域の川沿いである。

 

魚眼レンズを使う必要も無いが、奥は海・・・

 

 .

まあこれも、魚眼レンズを使いたかったからで(;・∀・)、山側も、川の水は満タンだが、海水が流入してきているからである・・・ 

 

なので、土砂降りで、川の水が増水している時、満潮前で海の水が上がってくると・・・

 

田代別館の客室から撮影、奥が増水して濁った川の水・・・

手前の濁ってないところは、海水かと思われるΣ(・∀・;) 

これだけクッキリ分かれてるのも珍しい・・・(通常時、川に潜ってみればすぐわかる) 

フェースブックでこの写真アップしたら「アマゾンみたい」とのコメントが・・・

 

 

 しか~し(゚∀゚)・・・

 

晴天になり、タイミングが良いと、川の流れと、満干が重なり・・・水面に全く波が立たなく・・・

川底が透け、山の若葉が反射し・・・・

 

毎日見ている私でも、びっくりするほど綺麗な川が現れる(@_@)

「旅館は、リバーサイド♫♪」

 

 

 

<<最初    <前    1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2017/10      >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

ブログランキング

総合ランキング
8位 / 501人中 down
ジャンルランキング
2位 / 30人中 keep
観光

フリースペース

田代別館facebookページ

ブログバナー

プロフィール

ざつようがかり

屋久島の旅館、田代別館のブログです。
縄文杉、宮之浦岳などは他の人にまかせて、旅館近くの出来事などつづっていきたいと思います。
よろしくおねがいします。

田代別館ホームページ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧